週末起業を始めよう!”志起点の自分ビジネス”構築術。

経験価値の提供で自分ビジネスを始めよう。

 
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、見知らぬ女性が
「ピカソさん、私はあなたの大ファンなんです。この紙に1つ絵を描いてくれませんか?」
ピカソはたった30秒ほどで小さいながらも美しい絵を描き、彼女に渡しながらこう告げました。
「この絵の価格は100万ドルです」と。 
 女性は驚き、
「ピカソさん、だってこの絵を書くのに30秒しかかかっていないですよ」
ピカソは笑います。 「30年と30秒ですよ」
  
今、誰もがみんなが平等に、そしてあなた自身も何気なく持っている経験価値は、このお話とまったく同じです。
 
経験価値が、付加価値になる。
 
今までの人生で、
あなたが経験してきたこと、
学んできたこと、
解決して来た問題、
乗り越えてきた苦労、
そしてそこから得たあなたならではのノウハウは、
今までのあなたの経験が積み重なったもので、他の誰も真似できるものではありません。
 
そして、その経験を解決策として、他の誰かを救うことができる。
あなたの経験を解決策として求めている人がいる。
その時あなたの経験は、お金と交換できる価値になります。
 
自分にとって当たり前でも、他の誰かにとっては、とても価値があることある。
自分の住み慣れたフィールド以外のところに、自分の経験価値を発信してみましょう。
きっと、役立てていただける方が出てくるはずです。
 
40歳過ぎたら、そろそろ自分の経験や得意分野=経験価値を体系化して、お金に替えることを考えていきましょう。
自分の経験価値、大好きなこと、得意なことを、心の底からモリモリと沸き起こる志起点で変換して、
自分以外の人に届ける『自分ビジネス』を立ち上げてみる。
 
これを、現在の自分の本業とは別に、週末起業スタイルで立ち上げる、複線的な自分自身のビジネスづくり。
自分の経験価値を、他の誰も真似することのできない、独自コンテンツに変換して、
週末起業として『自分ビジネス』をつくってみましょう。
 
ビジネスというの、規模の大小を問わず本質的には
「求めるひと」と「与えるひと」の価値交換です。
情報を発信することで、「求めるひと」が見つけてくれて、
あなたは「与えるひと」になります。
 
あなただけの経験と視点と志に、価値を感じてくれる人、
価値交換=つまりお金と交換したいと感じる人は必ず出てきます。
これが、自分の経験価値をお金に変える「自分ビジネス」です。
 
このシンプルな気づきは、あなたの人生を変えるかもしれません。

志起点の自分ビジネス

私が提供する「自分ビジネス」は、いつも志起点の発想です。

全コンテンツの目次(全体構造=ゲシュタルト)はこちらからどうぞ。