向いていない営業から、人事異動を自ら発令させた、非常識な企画書、公開中。

  • LINEで送る

昔の村上春樹によく出ていた”僕”の
50%の完成度の梅雨の日の週末を過ごすにふさわしい朝、
そんな形容詞的で形容しがたい朝を迎えました。

蒼井です。
週末の夜からコミュニティサイトのコンテンツを作っていました。

そして明け方、なんとかコンテンツが
少しばかりできましたのでコミュニティのみなさまにはメールでご案内している次第です。

長らくお待たせしてしまいました。
懺悔の気持ちも多々あり、今回は気合の入ったコンテンツを配布させていただいております。

アナリティクスの検索ワードやお問い合わせをいただくメールの中で
多かったテーマを、まずはコンテンツにしてみました。

たくさんある現象でも抽象化していくと幾つかに絞られてきます。
これは調査や会議の意見をまとめるテクニックで、
多くの人の意見や、山ほど出てくるさまざまな声でも、
共通なものを一階層上の抽象的な概念でくくっていくと、
究極的には全てを包括する事のできる一つの概念にまで
シンプルにする事ができます。

本質が見えてくるわけです。
抽象化することで、ズレのない本質に辿り着けるわけです。

アナロジー思考という手法で、私のお気に入りの教材はそのようなアプローチを取っています。
そんな類の正しい解釈も含めたコンテンツの置き場を作っているところです。

その中のメインコンテンツに、
私のブログを読んでいただいている方々のお声から
一つの仮説をもって、レポートを作成しました。

まず、その仮説について軽く触れますね。

このブログの読者もそうですが、
多くの方は会社やなんらかの組織で雇用されて働いている方が多い。
それは極めて統計的にも当たり前で当然のことです。

生きがいとして≒ライフワークに限りなく近いことを、
今の雇用されている会社で(あるいは組織で)仕事にできている方は幸せ。
でも多くの方は、飯を食う手段。
暮らしていくための手段な訳です。
「割り切っていこう〜!」的な感じ。

会社に雇用されて、組織のために働いて、その報酬としての給料をフィーとしていただく。

だから嫌いなコトバだけど、社畜というコトバも、ある。
意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン。

でもね、どうせね、
どうせ、ご飯を食べる手段として会社にいるのであれば、
社畜(やっぱりこのこのコトバ、語感も音もキライだ)って呼ばれるレイヤーからはせめから脱出しよう。
そのレイヤーから抜け出る企画書のシェア、
というのが、今回のアクセスやメールのお声に基づく仮説へのオファーです。

つまりまずは、会社の中で自分の身を自分の都合の良い場所におこう。
飯を食う、子供の学費を賄う、時々内緒で女とも飯を食いに行きたい。
そんなささやかな日々の暮らしのための糧、
を得る手段かもしれんが、
どうせならその手段である「会社の中での居心地」をもっと良くしてみませんか。

そんな視点でのアプローチ。

もし仮に、ノルマでガチガチ、フルコミッションで自分の体質にも向いていない営業を、その日々のささやかな暮らしの糧を得るために、
無理クリやっているんであれば、
本当に無理クリやっているのであれば、
せめてそのカンキョーを改善するお手伝いができる。

そんな提案。

そんなことであれば私自身がそれを体現してきた。
私自身が体現してきたそのノウハウをシェアさせていただきます。
そんな感じでレポートにしました。

村上龍がまだ武蔵美の学生の頃のはるか昔々、
芥川賞をとったときに
「僕たちが普段やっていたことを書いて賞をとっちゃうなんてずるいね。」
そんな限りなく透明に近いブルーなコメントを坂本龍一が言っていました。

それに近しいかも。

つまり私が実際に、嫌で嫌でたまらなかった営業から、
なんとかうまく逃げ出すことを実現した、会社あてに突きつけた企画書。
自ら人事異動を発令させた、そのきっかけになったホンモノの生の企画書をご披露するわけです。

それがコミュニティ第一弾の大型コンテンツ。

【初公開!人事異動の夢を叶えた“非常識なナマの企画書】
自ら人事異動を発令させ、希望の部署に就いたまさしく、非常識な企画書。
自分から居心地の良い部署に転籍を願い出る、紙爆弾。

当時の私が、だめよだめだめ程度じゃなくって
嫌で嫌でたまらなかった営業から
なんとか企画職に移動ができた。
そのきっかけとなった企画書をそのまま、
ご覧いただくことができます。
(もちろん守秘義務に係る部分は目隠しをしています。)
ページごとに補足的な解説を加えています。

営業なんかやりたくないし向いていないのに今、営業をやっている。
本当は企画やマーケティングをやりたかったけど、
毎月ノルマ達成に不安な毎日を送る営業職にいる。

そんな出口のないトンネルに出口を開ける武器としての企画書を描いて、
ネゴシエーションも含めて、会社にプレゼンテーションする。
そして、自らの手で、自分の望む部署に移籍する。

そんなのノウハウをシェアします。

正直、このあたりの企画力と図々しさを鍛えておけば、
将来的には今の会社だけに固執する必要は無くなります。

中途半端な資格試験に労力を割くよりも、
よっぽど武器になります。

だから今は、
今はご飯を食べる純な手段として今の会社で
まずは、まずはできるだけ快適なポジションを目指す。
精神的にも無理クリしなくて済む心地よい場を獲得する。
その間に会社のリソースを徹底的に利用しまくってやる。
人脈とか信用とか研修とか、使えるものはすべて利用しまくる。

それが会社に対してのスウィート・リベンジ。
甘い復習。
会社に対してはそんなスタンスが、丁度いい。

それから徐々にパラレルキャリア、
複線的なビジネスを走らせれば良いわけです。

コミュニティではそのほか、
体幹を鍛える書籍なんかも紹介しています。
これはどういう場合に使うかとか、その効力についても
徐々にコンテンツを加えて体系化していきます。

【非常識な企画書】を作る発想ツールなんかも合わせて紹介しています。

まだまだ説明が不十分で体系化されているとは言えませんが、
これらを使って、自分自身のキャリアをサイコーのものにしていっていただけたらと思います。

でもね、なんやかんや言っても、
企画力って≒“演出力”に近いところがある。

つまりはそんなところも含めて、このレポートを読んでいただけると
かなり得るモノがあると自負しています。

ブログの下の資料室&メルマガ登録フォームからご登録いただくと
ダウンロードできるあなただけのマイページができます。

そこからダウンロードできるので、どうぞご利用ください。
(勝手に配らないでね)

自分ビジネスを作ろう!

自分ビジネス作りに役立つ資料室&メルマガを作りました。

資料質のコンテンツは自分ビジネス構築に役立つツールをご用意しています。どうぞご自由にお使いください。


蒼井メルマガ&資料室 ご登録はこちらです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください