アドテック関西から学ぶコピーライティングのヒント

  • LINEで送る

「広告は永遠の邪魔者である」

『広告は永遠の邪魔ものである』
すべてはこの理解から始めよう。
ワトソン君。

こんにちは、蒼井です。

先日(と言っても2カ月くらい前ですが)開催された
アドテック関西に参加した時のメモです。
キーノートにご登壇されたワトソンクリック山崎隆明氏のけだし名言。
こんなCMを創った人。

ワトソンクリック 山崎氏の作品(一部)

ご覧になったこと、あるでしょうか?(事例が少し古いかも)

業界では現役バリバリ、超有名クリエーターです。
そんな一流クリエーターが、CM制作に臨む際の姿勢は、

『広告は永遠の邪魔ものである。』

今日はこのコトバからネットビジネスのヒントを考えてみたいと思います。

 

『広告は永遠の邪魔ものである。』

 

その心について。
誰も広告なんて見たくないはずなのだ。
飛ばしたい、必要ない。
みなさん、でもそうですよね。至極当然。

とにかく広告は、邪魔。
なくても、良い。
そして例えばそれは土足で自分のリビングに勝手にあがりこんでくるような存在。
最近はアドブロックという、広告表示を拒否できる機能も
iOSやChromeアプリなんかもに搭載され始め、
広告はまさしく”邪魔もの”、いよいよ肩身の狭い思いをしています。

だから広告には、”邪魔者であることを大前提としたサービス精神で満たされている”ことが必要。
狙った人、見て欲しい人=受け手が、
興味を持って聞きたくなる仕掛けが必要なのです。

 

コピーライティングは、出会い頭が勝負。

ご紹介したホットペッパーのCMは、
見た瞬間、掴む。

永遠の邪魔者である大前提に対して、
謙虚で、工夫をこらした取り組みが必要なのです。
ネットで展開するビジネスも、まったく同じ。

”出会いがしらが、勝負。”

 

これ、まさしく、そうですね!
ぐうの根も出ません。

ヘッドラインのつかみで言うと、
13文字で伝わる言葉を厳選せよ!
=ヤフーニュースのヘッドラインの文字数に合わせる。これと同じ。

メッセージを伝えること。
出会い頭のインパクト。
出会い頭のインパクトを作ることこそ、
興味を持ってもらえる、読まれる秘訣です。

 

コピーライティング、3つのnotの壁

出会い頭が勝負。

これって、自分メディアで情報を発信してマネタイズ(銭に替えていこう)とする、
ネットでのビジネスに、まったく被ります。

コピーライティングを学ばれた方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。

情報の受け手3つの前提(3つのnot)
読まない not read・・・そんなもん、読みたくないよ、別に。
信じない not believe・・・というか、知らん人の言うこと、信用でけへん。
行動しない ・・・めんどくさ。なんでそんなことやらなあかんねん。

読者さん=受け手はこの3つのnotの壁を持っていることを大前提に、
私たちは謙虚に、そして”あふれかえるサービス精神”を持って
情報を発信しなくちゃいけませんよ。

ということです。

こんな状況を大前提とした”サービス精神”で満たされていることが必要なのです。
広告作りとまったく、同じ。

 

ネットビジネスで目指す姿勢も同じ

”邪魔ものからメンター(指導者・助言者)へ。”

これが私たちが伝えるビジネスの目指す姿勢(ビジョン)。
あるいはスローガン。

悪魔から天使へ。
このふり幅の広さ。

そう、まさしくそんなふり幅の広さが必要なのです。
そんなマイナススタートからの、謙虚さ。

これ、ポストイットにつけて、パソコンの貼っときましょう。
誤解しないでくださいね。

本質を伝える、価値のある情報を伝えるという意味で、
決して発信する情報が邪魔者である訳では、ない。

邪魔者だというくらいのへりくだった謙虚さ、
その謙虚さからのサービス精神が必要だ。

そいうことです。

 

コピーライティングのコツは

じゃ、
”邪魔ものからメンター(指導者・助言者)へ。”なるにはどうすればよいか?

“出会いがしらが勝負” 
ピン!と一瞬で価値に気づいていただくキャッチ―なコピー。

冒頭山崎氏のコトバ通り、
15秒で勝負する広告クリエイティブの姿勢が参考になります。

その通りにするのではないんだけど
その考え方でコピーを作る。

出会い頭のインパクトは、

意外性。
反逆。
自分の枠にない視点。

常識の反対を述べる。
意外性=裏切りのあること・・・ホットペッパーのCM、ですね。
反社会学的な視点・切り口姿勢も面白い。

肉を切らせて、骨を断つ。感じ。
批判されても、バズった効果の方が、ある。

 

最強の戦略は give ! give! give!

出会い頭で勝負するというのは、コピーライティングの姿勢。
少々、ライティングに自信がなければ、良い情報を与えまくるのが、一番です。
「返報性の法則」ってのもあるし・・・
あ〜、お伝えしたいことが増殖してきた。

「下手なライティングなんかよりもGIVE! GIVE! GIVR!」
これについてもお伝えしなければ・・・・・
この視点は改めてコマを作りますね。

要は、テクニカルな手法は、もうすでにネットや本に溢れ返っている。
そんなところにこれから自分メディアを持って突っ込んでいくには、
広告と同じレベル=”永遠の邪魔もの”であるというくらい、
へりくだった意識で入るほうが、
発信するコンテンツは、絶対に差別化できますから。

具体的ではないかもしれませんが、
この本質レベルから理解をしておけば、
いっくらでもセクシーなライティングができるようになります。

次は
ワトソン山崎氏の名言、もうひとつ名言

「生理・本能を刺激する広告は強い」

について、シェアいたします。

これは夕学五十講で聞いた、行動経済学のノウハウと合わせてお伝えします。

P.S.
昨日は終日、私淑している御大マーケターと終日一緒でした。
生の情報、またここでシェアいたしますのでお楽しみに。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください