オリジナル・コンテンツを量産するための思考法

  • LINEで送る

オリジナル・コンテンツを量産するための思考法

こんにちは。蒼井です。

コンテンツの発想法にとても役立つ素材が
先週土曜日、12日の朝日新聞の天声人語にあったのでご紹介します。

なんとも優等生中学生の文章講座みたいなタイトルですが、
今回学びたいのは論理構成、起承転結なんかではなく、
以下の1点のみです。

「アナロジー思考」

 

アナロジー思考という方法

独自性のあるコンテンツや
ユニークなアイデアを生み出す時に、
とても役立つ武器としての発想法で、
「アナロジー思考」という考え方があります。

異なるものから共通項を見つけ出して、
その共通項で異質なモノを結びつけてしまう。

私のお伝えするライティングスキル、コンテンツ作りの肝になる考え方です。
今日はこの「アナロジー思考」についてわかりやすく事例をもってお伝えします。

 

異なるものを、つなげる発想

具体的にはたとえば、
犬と猫は異なりますが、
ペットという一段階上位の概念でくくることができます。

個別にみると犬≠猫ですが、
ペットと言う共通項でみると、
犬=ペット=猫

ペットという、一段上の抽象化した視点でとらえると
犬=猫
という、”異なるけど同じ”という解釈ができるわけです。

この”異なるけど同じ”という解釈。
この解釈が自由にできるようになるのが、アナロジー思考です。

リニアモーターカーと蒸気機関車も、
列車という抽象化した概念でくくると、同じになります。

リニアモーターカー=列車=蒸気機関車

三輪車とポルシェカレラも、
乗り物という更に抽象化した概念上では同じ。

三輪車=乗り物=ポルシェカレラ

異なるものを、一度抽象化すると、同じものと解釈することができます。
この抽象化するコツ=アナロジー思考を身につけると、
ユニークな発想、
独自のアイデア、
面白い視点でのコンテンツ作りに役立ちます。

 

有吉弘行に学ぶアナロジー発想

良く、「あなたの話は飛びすぎる。飛躍しすぎる。」と言われる人。

そんな方は、この”異なるものを抽象化して結びつける”という、アナロジー思考を、
無意識の内に行っている可能性があります。

一を聞いて十を発想する。
そんなイメージ。

あだ名をつけるのがうまい人も、同じです。
有吉弘行も、人を抽象化して別のものに結びつけるという、
アナロジー思考に長けているわけです。

 

「天声人語」を教材に クリスマス=トランプから生まれる視点

そんなアナロジー思考の具体例をご紹介しましょう。

12月12日(土)の朝日新聞「天声人語」です。

アメリカでの、メリークリスマスの封印ムードに対する不満と、
大統領出馬を狙うトランプ氏の人気の本質は、同じ(近い)という解釈。

実はアメリカでは日本ほど「メリークリスマス」をカンタンには口にできないらしい。
公立学校では「きよしこの夜」はNG。
クリスマスツリーも「コミュニティツリー」と呼ぶそうです。
他の宗教を信仰する人への配慮がそういう風潮を作っているとのこと。

そんな風潮に、「これはある種のきれいごとだ」と、憤る神父たちの
「クリスマスを取り戻せ!」活動に賞賛が集まっています。
神父たちの想いは「そんな建前優先の社会に風穴を開けたい」。

この活動とトランプ氏の過激な発言、「本音で語る」ことへの人気。

「建前社会に風穴をあける」という解釈において
メリークリスマス復活とトランプ氏の人気の本質は、同じものだと言えるわけです。

 

コンテンツ量産の武器に使いましょう

一見、関連がなさそうなものでも、
そのことの共通項=抽象化されたもの=本質レベルから眺めると、
同じ土俵で考えることができる。

この天声人語で紹介されている事例からは、
そんなアナロジー思考を得ることができます。

一見、まったく違うようなものでも、
イコールだと解釈するアナロジーの考え方。

若干抽象的で分かりにくいかもしれませんが、
是非、身につけてみてください。

アナロジー思考について理解を深めるには、以下のコンテンツも合わせてご参考にしてください。

本やセミナーで学んだことを活かせるシンプル・フレーム、作ってみました。
ライティング力アップの発想力をあなたに フォースとしてのアナロジー思考

 

さらに学びたい方には、こんなアナロジー思考の入門書があります。

抽象的だから、応用が効く。そんな本です。

 

異なるものを結びつけて、新しいものを作る。

こんな解釈が自由にできるようになると、
独自のアイデアや、ユニークなコンテンツをどんどん作ることができます。

私のお伝えするライティングスキル、コンテンツ作成において
アナロジー思考は切っても切れない、絶対必要スキルだと思っています。

また、アナロジー視点を持つと、
個別の事象や、他人の一言に対して右往左往することが、無くなります。
目指すものが、はっきりしている。
今やるべきことを、ビジョンという達成目標に照らし合わせて取捨選択できる。

へんな情報に惑わされることも、無くなります。
(この辺り、語りだすといくらでもきりがないので、また改めてコンテンツを作りますね。)

何れにしても、稼げる自分ビジネス作りのためには、
ライティング力とコンテンツ力を鍛えて参りましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください