楠木健を読むべし。オリジナルコンテンツで差を付けたいあなたのための、戦略的読書。

  • LINEで送る

楠木節は、ネタからの解釈の拡がりが超セクシー。

”ネタ本からの解釈の広がり方がセクシー”

ということは、オリジナルコンテンツのづくりの非常に良いお手本に、なります。

 

図書館で借りたけど

そのあまりのセクシーさが、自分コンテンツに使える良著だったので

アマゾンで買ってしまったくらい。

コンテンツのパンドラの箱。

これで健さんとガチで対話できるぞ。覚悟の上。自前本ならボロボロになるまで書き込み貼り付け折り目攻撃。

で、

自分のモノに、するわけさ。

 

 

結局ですね、

もう既に、
コンテンツよりも、
コンテキストで勝負が決まるわけ。

じゃ、
どうすっぺ?

文脈を見破ることでこそ、
センスが磨かれる。

例えば
スキルがビジネスのベーシックス 、国語算数理科社会英語であるなら
センスは課外活動。
どうやったらモテるのか?
モテるのはその人のセンス。

センス=「文脈に埋め込まれた、その人に固有の因果関係の総体」
→引き出しの多さ。なわけです。

文脈から読み解こう。
そのためには現象を「見破る」こと。

なぜこの人は、
こんなときにこんな発想をするのか?
自分と比較してその思考を相対化してみる。

相対的にとらえる。

自分との違い、
自分との差分に気づくことで 
自分固有のセンスが磨かれる。

なぜなぜなぜを繰り返して
その文脈を、見破る。

自分との差分を、本質を、盗む。

その疑似体験としては、読書が一番。
読書のメリットは文脈思考ができること。

ネットの情報は断片。断章。

その背後の因果関係までは、
断片からは踏み込めない。

文脈が、読み込めない。

断片としてのコンテンツが、
コピーされて
FREEへまっしぐらなのは、
生まれた瞬間からの宿命。

でもでも、コンテキスト=文脈は、真似されない。

そう!セクシーコンテキストで、差をつけるのだ!

戦略読書日記 楠木健

 

 

むっちゃくちゃ乱筆乱文、お許しください。

オリジナル・コンテンツに磨きをかけたいあなたに、おすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください