広告代理店のプロ・マーケターは、自分ビジネスでどうやって稼ぐのか?

  • LINEで送る

自分ビジネスを作るにあたっての実行計画をガントチャートという
スケジュール管理表に落とし込みました。

エクセルの表ですが
左側の表の側面(表側とかいいます)にやるべきことリスト
私の場合だと
”自分メディアを作ってオリジナルコンテンツを発信していこう”

という自分ビジネスモデルなので、
そのための
・準備
・学ぶこと
・自分メディアの作り方
・オリジナルコンテンツ作成

などという具体的なタスク(やるべきこと)を書いてます。

そしてそれぞれのタスク(やるべきこと)を
どのようなスケジュールでこなしていけばよいかという、
大まかな進行管理の目安を12週間で落とし込みました。

これが手順の全て。
秘密基地の設計図。
この手順書にそって、不明な箇所は私のブログを振り返りながらみていただくと
DRM※(ダイレクト・リレーションシップ・メネージメント)の基本モデルは、
完成します。

 

複雑そうに見えても
結局やることはたったのふたつです。

 

・お客さまを集める仕組み
・お客さまに販売する仕組み

 

どんなビジネスもシンプルに考えると
たったこのふたつで成り立っています。

 

 

結局ですね、
ビジネスっていうのは
人と同じことをやってても
勝てないわけですわ。

 

でも往々にしてビジネス初心者は
再現性や、
テンプレートに頼って
成功者のモデリング(真似)こそ最短の道だと教えられて、
マニュアルに律して真面目にサイトやブログを作って、

・・・・・結局
金太郎飴のようなおんなじサイトが、山ほど、溢れる。

自ら血みどろの海、レッドオーシャンを作ってるわけです。

ちょっとブログを調べたら
いっぱい出てくるじゃないですか?

再現性の高いマニュアルをお手本に作って
成功者のモデリングかマネリングが知らないけど
おんなじようなブログがいっぱいできて・・・・・
結局、一向にファンも増えないし商品も売れずに廃墟になった
ブログが散見されます。

廃墟ブログ。
いずれサーバーの契約が切れて夢破れて、この土俵から退場していくわけだけど。

そんな風にならないためにはどうすっぺか?

 

マネしない。

 

枝葉の部分を。

マネするのは、
根っこと幹の本質部分。
本質さえきっちりと捕まえておけば、
具体的な各論 
葉っぱや花は、あなた自身のオリジナルのを咲かせればよいわけです。

 

だから、具体的な枝葉の部分=具体的な内容は実行方法は
ある程度いろんな解釈があってもよいわけさ。

被らないから・・・・・

 

テンプレやマニュアル通りにやっても
有利なのは先行者だけ、でっせ。
後発が、先行者の成功事例をなぞってみても、
勝てるわけが、ないじゃん。

至極、すっごく、当たり前の話。

じゃ、なんで初心者トーシローくんは、
そんな当たり前のことがわからずに、
再現性の高さやマニュアル通りのやり方
テンプレートに引っ張られるのか?

 

それは、トーシローくんにとってネットビジネスが未知の分野だからです。

これはある意味、仕方が、ない。

仕方がない。私も実はそうだったから。

情報商材、教材オタクになるほど、ノウハウコレクターに陥ってた時期が、あった。
新幹線代を払って、高額セミナーも受けに行った。
お金が消えていくばかりで、一向に成果は、上がらない・・・・・

 

そんな段階を経て上で、
やっと気付くこと、たどり着くところがあるわけですわ。

 

”同じことやってても、勝てるわけないじゃん”

 

そう。

後発組が
「これが成功者のノウハウです。
 成功事例にそって素直にやりましょう。
 このテンプレに沿ってサイトやブログを作りましょう。」

”同じことやってても、勝てるわけ、ないじゃん”

この真理を知らずして、というか
教材販売者やアフィリエイターは、明かさんわな。

自分の商いが、成り立たなくなるから。

 

でもね。
しかしですね、
そこには実はマーケティングの本質だったり、する面があるわけです。

 

例えば、
自動車。

トヨタや日産、ホンダもスバルも、
マイナーチェンジ、フルモデルチェンジをします。
2年に一度、部分的な改良を加えて(マイナーチェンジ)を行います。
早くて5年、遅くても8年以内にはフルモデルチェンジを行って
新しい車をローンチ(市場に販売)をします。

今日日車って10年以上はどうったことなない、十分、使えます。

あなたの買ってる車を、
古く見せるために
新しい車を開発して、売りつけるわけです。

メーカーも銭を稼がなあかんから、
まだまだ使える車がわんさか溢れているのに、
新しい車を作って、売りまくるわけです。

”マーケティングは市場の裂け目を埋めること。
 裂け目がなければ、自ら切り裂け!”

という言葉を私は先輩師匠マーケターからレクチャーを受けました。

 

”市場に裂け目がなければ、
 自ら切り裂いて、埋める場所を作る。”

 

これがマーケティングの本質なわけですわ。

どんな大手のメーカーでも
どんな社会的にイ認知されてて優良企業と言われてても
基本は同じことをやってます。

 

十分、走れる車がたくさん街中をはしてって、
一見飽和状態に見えても、
メーカーは新たな裂け目(欲しがらせる、新しいマーケット)をつくって、
その裂け目に商品を落とし込むわけです。

だから十分走れる車が溢れていても
新しい車を、つくってどんどん世に送りだす。

この繰り返し。

まるで自分の尻尾を追いかける犬。

 

巷のアフィリエイターに翻弄されている情報弱者も
そんな感じなわけです。

よくいるじゃん、
新商品が発売されるたびに、
ガンガン商品を売ってくるお調子者おバカアフィリエイター。

”これこそ、最新のノウハウ。誰にでもできた〜
 誰でも、再現できる、画期的なノウハウです。”

そんなのに振り回されて

自分の尻尾を追いかける犬みたいな状態になって
もう何をどうすべきかわからなくなってる状態・・・・・

そんな人、たくさんいます。

あなた、よかったね。
もうそんなのに振り回されることがなくなって。
=私のブログにたどり着いて。

 

広告屋のマーケターが作ったガントチャートは、メルマガ登録いただいたら

あなたさま専用サイトからダウンロードできます。
そのほかにもいろんな知的武器を用意してますので、
やる気のある方だけ、どうぞ。

 

セクシーコンテンツで差をつけるのだ!

蒼井でした。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください