ブログの筆が進まなくて悩んでいる方への3つの処方箋

  • LINEで送る
蒼井です。
 
ブログの筆が進まなくて悩んでいる方へ。
爆速で書き上げてしまう、3つの処方箋をお伝えします。
結局、いろんな心理的なバリヤや理由を作って、先送りしてしまうんですね、
ブログで情報発信しなきゃと思いながらも・・・・・。
 
そんな壁を乗り越える、方法を3つ、お伝えします。
 
1まず、大前提に「良い文章なんて書かなくて良い。」
 
このことを、まず前提として、自分のアタマの中にインストールしておいてください。
第一あなたが良い文章なんて書けるはずがない(失礼しました)。
良い文章なんて書けるはずがないから、良い文章なんて書かなくて良いのだ。
そもそも読者が期待するのは、名文なんかじゃありません。
伝わる最低限の日本語で、お伝えしたいことが伝われば、それでいい。
それくらい、割り切っていきましょう。
 
 
2「どんな文章が読者に刺さるかわからない。」ことを知っておきましょう。
 
自分では駄文だと思った文章でも、読んだ読者にはツボにはまる可能性があります。
以外にも、軽い気持ちで書いた文章のアクセスが、予想以上に高かったりすることがあります。
(Google アナリティクスをブログに設置しておけば、すぐにわかります。)
予期せぬ出会い=セレンディピティーといいます。
予期せぬ出会い=自分メディアの読者と自分記事のマッチング、
”予期せぬ人に、自分の予期せぬ価値が伝わる可能性”があります。
これが自分メディアで情報を発信していくことの真骨頂です。
醍醐味。
臆せず、どんどん書いていきましょう。
書きなぐる!そんなスタンスの方が良いかもしれません。
 
 
3「下書きにスマホの音声入力を使おう。」右脳で書く。
 
今、スマートフォンで標準で付いている音声入力機能は、もそすごく進化しています。
かなり精度が高く、認識します。
同音異義語、人の名前の苗字などの読み取りは、ズレる場合がありますが、
後で修正、推敲する際に修正すれば良いだけです。
最初は違和感があるかもしれませんが数回使ううちに慣れてきます。
このブログの下書きも音声でキッチンで皿洗いをしてる途中、
思いついて手を拭いてiPhone片手に一気に音声で書いています。
(この爆速ライティング法については後ほど詳しく書きます。)
スマホで下書きをして、
簡単に修正・推敲して、
ワードプレスにアップする。
これでいっちょあがりがりです。
とにかくコンテンツを出していきましょう。
量は質を凌駕してきます。
とにかく量を出しましょう。
 
3つのポイント、まとめると、
1.あなたしか書けない、駄文で良いのです。
2.駄文でも誰にヒットする、刺さる、ツボに入るが、かわかりません。
3.スマホの音声入力を使いましょう。
 
さぁ取り掛かっていきましょう。
 
スマホでの音声入力ライティングの方法については、また詳しくご説明します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください