仮想敵、あるいは目標達成を邪魔する障害を共有する効果

  • LINEで送る
蒼井です。
 
あまり政治のことは語ることは控えているのですが、
ここのところの政治の出来事を見ていると、
かなり「自分ビジネス」にも応用できるヒントがあったので
ちょっと読者のみなさんとその理解というか解釈を共有したいなと思ったのでまとめてみました。
 
私自身、政治的には極めてニュートラル、リベラルなので、
どの政党がいいとか、そろそろ首相も交代したらとか、
そんなスタンスはまったくないのでどうぞ気楽に聞いてください。
 
しかしリベラルってコトバ、もともと自由とかの意味かなと思っていました。
政治でのリベラルはどうも少し意味合いが違うようですね。
小池さんに排除された方がリベラルっていうことで、
保守に対しての革新、左翼系という意味合いに使われているのでしょうか?
リベラルアーツってよく耳にするのは一般教養という意味です。
普通科の校章にたまに見るLという文字は、リベラルーアーツの頭文字です。
専門的な知識を得るまでの、ニュートラルな下地作り。
そんな意味でしょうか。
まぁ、このことは今日のお話とは関係ないのであまり詳しく掘り込みません。
 
 
 
自分ビジネスに応用するという、結論から言うと、
「共通の敵を作ることで、みんなの方向性を一つにまとめることができる」ということです。
敵、でなくても、
自分たちが目指すところにたどり着くのを邪魔する存在=障害を、共有すること。
その意味合い、効果は同じです。
 
 
アメリカが昔からよく行う手法です。
 
多民族国家であるアメリカは、国内の価値観も様々あって、
一つに統一することが非常に難しい。
そんな場合は時として、共通の敵を、作る。
つまり、海外に敵を作り(敵を明確化して)注意をその敵に集中させるわけです。
 
これで国内の世論、考え方を統一する。
 
日本の政治でも今回の10月の選挙で使われています。
国難ということで、日本国内の問題よりもむしろ、海外の国を標的に置く。
(物騒ですね)
 
何れにしても私はニュートラルなので、どの政党が良いとか思想も主張もありません。
ただ、クリティカルに事実を眺めて分析して、自分のビジネスに応用できるヒントを探っているだけです。
 
話を、戻します。
 
このように共通の敵を作ることで意識を統一する手法は、
自分ビジネスでコミュニティ=自分のファンを作っていく際に役立つ手法です。
 
私の場合だと、それは会社という組織になります。
サラリーマン、会社という組織に属するメリットは、確かにあります。
 
確かにあるのですが、それだけに頼っては、いけない。
 
組織に潰された仲間も、いる。
なんとかそんな仲間を志援したい。
 
そんな思いがあると、お世話になっている組織も、ある種の敵な面があるわけです。
 
そんな敵=障害と、戦う必要が出てくる。
ただ、ガチンコで正面切って戦うのはどう考えても部が悪い。
したがって、したたかに、レーダーの下をかいくぐるように複線的に自分ビジネスを走らせているわけです。
 
私のコミュニティ=私の志に共感していただいている大切ななかまにとっての共通の敵は、
今属している組織の、ある部分です(つまり、組織全体ではないという意味。それは、直属の上長出会ったり、現在の処遇とか)。
 
そんなところを、うまく見返して、家族や自分を守る、さらに幸せにしていこうという計画です。
 
つまり、私の場合は共通の敵を、上記の”今属している組織の、ある部分”にロックオンしているわけです。
これで、コミュニティの目指す方向性を束ねているわけです。
 
読者のみなさん、コミュニティのみなさんも、「自分ビジネス」を進めていく段階で、
いずれ、自分ファン=自分コミュニティが作られていきます。
その際に、コミュニティのメンバーの意識を収斂させるために使える手法ですので、
サクッと記憶にとどめておいてください。
 
地政学とか少し学ぶと、そのあたりからも「自分ビジネス」に応用できるヒントがあります。
 
何れにしても幅広く、いろいろなところから、
自分ビジネスに応用できるヒントを、作っていきましょう。
 
蒼井でした。
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください