自分ビジネスに、先行者や実績を意識しなくて良い3つの答え

  • LINEで送る

自分ビジネスを始めるときに
自分のビジネスの競合や、先行して走っている方々の実績を見ると、
やる気がしぼんでしまう人が多い。

そんなの気にしなくていいですよ。
その理由を考える時に
3つの問いを自分なりに考えてみてください。

というお題を前回の記事で書きました。

自分なりの問いを立てて、
その答えを探す、考えてみる過程で、
自分なりの発見や解決策が見つかります。

これが、オリジナルコンテンツを作るスタートになります。
右から左に、(お口に合う)答えを短絡的に求めるのではなく、
問いを立てて、自分なりの解釈を求めてみること。

この繰り返しで、
あなただけのオリジナルが生まれるわけです。

自分ビジネスを始める際に、競合なんて気にしなくて良い。
3つの理由。

Q1 あなたは自分ビジネスをお買上いただきたい方は何人いますか?
Q2 人が商品を買う際の最も強い理由、動機は何だか知っていますか?
Q3 どんなに似たようなサービスでも魅せ方を換えれば、オリジナルになることを知っていますか?

(この場合の商品、サービスとは、自分ビジネス(サラリーマンが複業ではじめる自分の商い)と、
仮定してください。)

まず、Q1について
あなたは、
これからあなたが始めたい、提供したい商品やサービス、
一体どれくらいの方々に利用してほしいと思っていますか?

物販や(かすりほどのフィーしかない)アフィリエイトをお考えだと、
ボリュームが必要かもしれません。

サラリーマンの経験価値複業で始める自分ビジネスの商品
=自分の経験価値を商品化する
=自分の経験や得意分野をプログラム、教材化して、
必要な人にお役に立てていただくビジネスって、
そんなにたくさんのお客さんが必要ないわけです。

対応できるお客さまにも限界があるし、
誰でもかれでも、お客さまにする必要はありません。
(めんどくさいお客さまとは、あえてお付き合いする必要は、ない。)

自分のことを気に入ってくれて、
自分のなりそめや生い立ちに共感いただき、
自分の考えや志に共感して、
ファンになってもらった方々の中から
それ欲しい!って思える人が、
お客さまになっていただけるわけです。

だから、そんなに多くのお客さまを
最初からつくる必要は、ありません。
複業の段階では、特に。

最初はひとりでも十分。

ひとりのお客様の意見を丁寧に聞きながらチューニング、
微修正していけば、
商品も魅力的になって、またファンが増えて行きます。

10人に継続的なファン契約ができれば、
複業レベルでは、大成功です。

数は意識しないようにしましょう。
質の高いお客さまに絞ればいい。

ネットの良いところは、
日本全国(世界中)に情報発信できることです。

日本中には、
あなたのプロフィールに共感する人、
あなたのファン、
あなたの商品を、
あなたから買いたい!という人は
絶対に出てきます。

ロングテール※思考で行きましょう!

※補足
ロングテール=恐竜の尻尾のように、先っぽが細い。
回りには求める人は少ないけど、
日本中に伝えることでボリュームを上げる、
そんなイメージなんですね。

ちょっと例えが飛ぶかもしれませんが、
『ハクソーリッジ』という映画をご存知ですか?
銃を持たないのに軍隊に志願し、
沖縄戦で激しい戦闘の最前線になっても銃を持たずに、
多くの人を助けることに専念した米兵の実話映画です。

銃の訓練を拒否するので、
キャンプでの評価はぼろくそですが、
最前線で、多くの人を助けることで、
初めて、高い評価を得た。認められた。

例えば、
そんなキャラで、いいんです。

自分は自分のままでも、
十分評価してくれる相手や環境は、
おのずと、やってきます。

それから2つ目の質問、
Q2 人が商品を買う際の最も強い理由、動機は何だか知っていますか?

お客さまが商品やサービスを買ったり利用したりする際の決め手。
特に、自分ビジネス、ネットやリアルを含めても、
自分の得意分野をお伝えしていくビジネスになると
数ある似たような商品やサービスの中からどれを選ぶか?
特典や実績、お客様の声の数が決め手になるわけでは、ありません。

なんかこの人と合いそう。
なんとなく相性、いい感じ。
この人だから買おう!
なんとなく自分に近いキャラクター感じる。
だからお願いしよう

そういう風になるはずです。

自分の発信する思いや志に共感をしていただいた人だけ、
ファンになっていただき、
ファン自ら、欲してもらう存在になればいいわけです。

似たようなビジネスやサービスを先行して出している人がいても、
まったくきにする必要なんて、ないです。

似たようなサービスであれば、
あなたのキャラクターを、
人格、トーンを、最終的にお客さまは買うわけです。

なんかちょっとわからんけど、なんとなくこの人、
一生懸命で信用できるから、
この人について行くわ。
ご教示いただけませんか・・・

そんな感じで徐々に大切なファンができていくわけです。

だから競合や先行者に惑わされずに、
自分自身を磨いて、
目下の目の前の、お客さまの幸せにフォーカスしていきましょう。

そうすると自然に、
ファンは増えてきます。
ファンが増えると、
それシェアくださいっておっしゃる方=お客さまが出てきます。

そうやって自分ビジネスは徐々に動き出すのです。

3つ目の質問、
Q3 どんなに似たようなサービスでも魅せ方を換えれば、
             オリジナルになることを知っていますか?

魅せ方を換えれば、どんな商品でもオリジナルに見せることができます。
ネーミング、コンセプト作りが肝です。

この点だけでものすごくディープにお伝えしたいことがあるのですが、
今回はサラリとさわりだけ。
(推奨本や考え方など、また追ってご説明します。)

なんでも、自分なりに再定義して、
新しいネーミングをつけてしまうことです。
早いもの勝ち、
言ったモン勝ち。
です。

少し前のソトコト(2018年10月)に
「新しい仕事図鑑」という特集がありました。

みんな勝手に自分の仕事に
好きな名前をつけて、
新しい仕事として価値を再定義しています。

左官職人も文化や美学視点を入れればアーティストです。
勉強家(ノウハウコレクターを価値変換!)
流しの洋裁職人、
コミュニティナース(ナース×コミュニティ)
梅干しエンターテイナー、
発酵デザイナー、
ソーセージクリエイター・・・

世の中に溢れている、
いろんなサービスも、少しだけ他の要素を加えて、
ネーミングを作って価値を再定義すると、
カパン!と売り上げが伸びたり、
自分の土俵を唯一無二なモノに変えたり、
お客さまの琴線スイッチをはねたりします。

オリジナル化のコツ、ポイントは
・再定義
・ネーミングです。

このあたりはすごく深いテーマで、
オリジナル商品、
オリジナルサービスづくりにすっごく役立つスキルなので
追って徐々に、
お話ししますね。

なんかランディングページのような内容になってしまいましたが、
出し惜しみぜずにお伝えしますので、
どうぞ気楽にお付き合いください。

こんなこともっと深堀して
噛み砕いて説明せよ!という
ご要望も遠慮なくおっしゃってください。

今日は、ビジネススタートにつまづいている理由が
競合を意識しすぎているのであれば、
“競合なんて、気にしないでいい!
 好き放題には始めればいい!”

ということがお伝えできればO.K.です。
あなたのそばには蒼井がいます。

というおはなしでした。
がんばってまいりましょう!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください