イチロー選手、石川遼選手に学ぶ、ネットビジネスの心得

  • LINEで送る

ビジネスのファウンデーション(基礎・土台)スキルとして
今日は「逆換分析」という考え方についてお伝えします。

おはようございます。蒼井です。
 
「逆観分析」とは、
ゴールから逆算して、今打つべき手を考えるというものです。

副業のためのネットビジネス、コンテンツビジネスを実践していく中で、
地道な作業はつきものです。
その地道な作業の意味合いをはっきりさせて、
挫折を防ぐ、物事の捉え方、姿勢です。

ビジネスに限らず、普段の暮らしの中の
様々なシーンで使うことができるので、
ぜひこの視点を身につけてみてください。

「逆観分析」のわかりやすい例えとして、
メジャーリーガーのイチロー選手、
プロゴルファーの石川遼選手の小学校時代の作文をもとにご説明しますね。

少し長いのですが
2人の作文をご紹介します。

今、改めて読み返してもなかなか深〜いので、
ご存知の方も改めてどうぞ。

 
『夢』 鈴木 一朗

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は3才の時から練習を始めています。
3才から7才では半年くらいやっていましたが、
3年生の時から今までは365日中360日は激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は5、6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、
必ずプロ野球選手になると思います。
そして、その球団は中日ドラゴンズか、
西武ライオンズです。
ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。
僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが
自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、
打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打てました。そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。
このように自分でも納得のいく成績でした。
そして、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。
だから、この調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

以上です。

 

続いて、石川遼選手の卒業作文です。

 
『将来の自分』 石川 遼

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。
最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。
それも二回勝ちたいです。
みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、
ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。
ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、
「もっとあのときにこうしていれば…」とか
後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には埼玉の東京GCで行なわれる
「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。
今は優勝とか関係ありません。
中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。
高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、
世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

以上です。

 
この2人の作文は既に様々なサイトや書籍で取り上げられており、
今更ながら説明の余地はないかもしれません。

「すごいじゃない!」
「やっぱり実績を出す人は志が違うなぁ。」

とサロン的な感想をだけで終わると、
思考停止しがちです。
(もちろんそれだけでも「アハ!効果」はあるのですが)
私たちはそこから何か応用できるエッセンスをもぎ取ってみる。

この作文を少し違った観点、
ゴールから逆算して今やるべきことをはっきりさせる、
「逆換分析」という視点で解釈してみたいと思います。

そうすることで、個人のビジネスや目標管理、
モチベーション維持のツールに応用することができます。
 
2人とも小学生のころに、
プロ野球選手になる。
マスターズで優勝する。
という大きな目標を持っていました。

その目標の達成のためには
何をしなければならないか。

そんな視点で作文は描かれています。

この二人の作文から絞り出すべきエッセンスは
(抽象化、アナロジーの手法をとります)

 
遠くのゴールを決めて、
今、やるべきことを決めていく。

 
ということです。

 
ゴールにたどり着くためには、
今何をやるべきか
「〜のためには」発想。

 
プロ野球選手になるためには
高校で活躍して認められなければならない。

そのためには中学でも一生懸命練習をして活躍する。
そのためには毎日素振りをする。

これが「〜のためには発想」です。

スライド1

 
遠くに目線をおくことで
今手元でやるべきことの意味合い、
今やっていることの価値、がはっきりします。

 
ゴールに視点があるから、
そのゴールにたどり着くために
今、手元でやっていることの意味がはっきりするのです。

 
プロ野球選手になるという夢があるから、
今日の不毛で地味でしんどい素振りに、
明確な意味が見いだせるのです。

 
これは実務にも応用できます。
ビジネスの概念や理論を学んでおけば
今やっている細かな作業の意味合いが
はっきりするのと全く同じです。
 
単に再現性の高いテンプレートやフォーミュラを与えられるよりも
何を目指しているのか、
そのためには何をしなければならないのかが、
しっかり腹に落ちている方が、
絶対にぶれないし、
成長も、
速いです。

 
組織でも同じですね。
 
目指すビジョン理念(フィソソフィー)を
共有できているからこそ、
自分がやるべき仕事の価値や意味合いがはっきりしてくる。

 
パラレルキャリア、副業を行うにも
当然目指す目的や、
たどり着きたいゴールがあるわけです。
 
例えばその手段として、ネットビジネス、
コンテンツビジネスという手段を選ぶとします。

 
ネットビジネス、コンテンツビジネスといっても
やるべきことは、(そんなに多くはありませんが)あります。
そのゴールを目指す為にやるべきことが
(わかりやすく)逆算で用意されていること。

 
あるいは、
自分で決めたゴールにたどり着くためには、
という発想で、
常に逆算で考えていくこと。

 
ゴールをきっちりイメージできるから、
やるべきことを粛々とこなしていける訳です。

 
この逆算して今やるべきことを考える。
という視点が、マインドと実作業で必要になります。
逆観分析をさらにわかりやすくとらえるために、
この逆を考えてみましょう。
逆の場合は、積み上げ型で「逆観分析」に対して
「アクションリサーチ」という表現をします。
 
下から積み上げていくので一見堅実で
理にかなったように見えます。

 
しかし目指すゴールが明確でなかったりするので
スピードや締め切りに甘かったり、
今やるべきことの意味合いがつかめ切れず、
毎日の作業に不毛感が漂い、挫折しがちになります。

スライド2

 
往々にして途中で挫折してしまうひとと
そうでない人の違いはこの視点の置き方にあります。
ウサギは、ゴールではなく、カメばかり見ていました。

でもカメは、ゴールばかり見ていて、
ゴールにたどり着くためには、
今何をするべきか、常に考えていました。

イソップ童話で逆観分析を言い換えると
たとえばこうなるでしょう。
 
これからパラレルキャリア、
副業としてネットビジネスを軌道に乗せていくためにも、
「逆換分析」の視点が必要になります。

 
この「逆観分析」の視点、
「〜のためには」発想は
日々ので生活シーンの様々なところで活用できます。

常に「〜のためには」と考える癖をつけることで、
やるべきことへの意欲やモチベーション、
取捨選択をすることができます。

どうぞご活用ください。

最後まで読んでいただいたあなたは、きっといかしたセンスをお持ちです。
ありがとうございます。

 

【追伸】

ウサギはカメを見ていた
カメはゴールをみていた

このことばってすごく便利で、
私は以前プレゼンテーションのときに
一丸最初にこの2行だけを画面に映して、
しゃべりました。

「私たちが伝えたいのは、このことだけです。」

ゴールをしっかり見据えた事業計画こそ、
今必要なのです〜的な理解を、
冒頭に最初に植え付けてから
本論を展開した訳です。

地ならし。

結果はコンペは快勝。
この手法、使えます。

あとは創意工夫、
読んだあなたのセンスで使ってみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください