独自コンテンツを作る、3つの視点

  • LINEで送る

セミナーや本を読んで
そのときはなるほど!と膝を打つけど、
いざ実践しようとしてもなかなかできない。
実践できるケースにすら、遭遇しない。

そんな経験をされた方は多いと思います。

 

こんばんは。蒼井です。

今日はそんな、得た知識を実際に役立てるヒントを、
いかに自分のオリジナルコンテンツに”書き換えていくか”を考えていきたいと思います。

あり物情報を自分オリジナルコンテンツに変える3つのフォース(チカラ)として
以下の3点をあげさせていただきました。


1.アナロジー思考(類推力)
2.アソートメント思考(組合せ力)
3.コクリエーション思考(価値共創力)

 

改めて、
ひとつずつご説明します。

1つ目のアナロジー力。
これは類推するチカラです

このチカラが鍛えられると(鍛えるというよりも感度が高くなるという表現のほうが適切です)、
身の回りでおこっているあらゆることを自分の関心ごとに持ち込むことができます。

ニュースやテレビをみている時の気付きや、
読んだ本や聞いた話を自分のビジネスに結びつけることができます。

同時に発想や例え(比喩)がうまくなるので説明力が高まります。
その結果として、ブログのネタが尽きることがありません。

リンゴが木から落ちるという自然現象を、
自分の研究テーマの解決に結びつけたのがニュートンです。

その気になればどんなテーマでも
自分のビジネスに結びつけることができます。

 

2つ目のアソートメントは、組み合わせるチカラ
異なるものを組み合わせて、新しい価値をつくる。

自分のビジネスのネタ、コンテンツを作るときに、
大きなチカラを発揮します。

既存の書籍やコンテンツ教材に自分独自のコンテンツを組み合わせる、自分オリジナルの教材になります。

そして3つ目のコクリエーション思考=価値共創力。

これは提供者、受ける側一緒になって新しい価値を一緒に作るということです。
企業、消費者が一緒になって商品やサービスを開発する。

具体的な事例では、ビールメーカーや雑誌社などは積極的に消費者や読者を巻き込んで商品開発や紙面制作を行っています。
キリンビールはFaceBookで集めた消費者と一緒にカンパイ会議というコミュニティを作り、
新しいオリジナルビールを消費者とともに開発しました。

「ゼクシィ」というリクルートの結婚情報誌は花嫁1000人委員会という、
先輩花嫁の紙面作りへの参加をもとに、
これからの結婚を考える女性に刺さるコンテンツの制作を毎年行っています。

 

生活者、消費者は、単に企業が作ったものを買うだけではく、
商品作りに関与したり、使用後の良さを(悪さも含め)伝えたがっているわけです。

ブログであれば、読者と一緒につくる。
コンテンツも読者の声を聞きながらつくっていく。

 

生活者、お客さまと一緒につくる=共創していく

 

それが現在のマーケティングを実践していく上で、とても大切なポイントとなっています。

その際必要となるのが、“コミュニティ”繋がりでの結びつき
目指す方向性を共有しながら、意見が言い合える、その意見を反映する。
そんな場が必要になってきます。
(あるいはおのずと生まれてくるものなのかもしれません)

これからのビジネス、
ネット、リアル問わず、
そんなコミュニティがこれからは必要になってきます。

実際、これからのマーケティングにコミュニティ発想は不可欠な要素になる。

マーケティングの御大、フィリップ・コトラーも10年くらい前に、
「マーケティング3.0」という著書で、
生活者と企業は新しい価値を一緒につくる時代、コクリエーションの必要性を提唱しました。

それを具現化して成功したのがネスカフェカフェアンバサダーです。

アンバサダー(リーダー)がつくるのは、おいしいコーヒーを1杯20円で飲むコミュニティです。

 

自分ビジネスを実践している方々にも、

すばらしいコミュニティを形成されている方々もいます。

マーケティングの御大が提唱する最新のマーケティングに裏付けされたような構造を、自ずと持っている。
そんなコミュニティもあります。

私たちはそんなコミュニティに学びながら、
新しい独自のビジネススタイルを作り上げていけば良いわけなのです。

そこで出番になるフォース(チカラ)が
アナロジー発想と
アソートメント発想なのです。


アナロジー発想、
アソートメント発想
コミュニティ発想

 

このような汎用性がある=抽象化された概念を
自分ビジネスのコンテンツ作りに応用できれば
読者のとても強い武器になります。

 

セミナーや本を読んで
そのときはなるほどと膝を打つけど、
いざ実践しようとしてもなかなかできない。
実践できるケースににすら、遭遇しない。

それは聞いた話や、読んだ内容をそのまま実践しようとするから、
なかなかうまく当てはまる機会がないわけです。

 

一度、応用可能な概念に抽象化してみる。

抽象化することで応用できる幅が広がります。

 

そんな視点でこの3つを読み取っていただければ
必ずビジネスに応用することができます。

 

最後にまとめとして価値共創、
コミュニティづくりのヒントになる良質の動画をみていただこうと思います。
TEDの3分のプレゼンテーションです。

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」

たった3分間ですが、コミュニティをつくることのコツ、
作り方についてとても含蓄にとんだヒントを与えてくれます。

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」  Talk Video  TED.com

この動画についてのご感想は
次回のブログでお話しできればと思います。

まずは上記動画をご覧になってみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ノウハウというのは、抽象度をあげるほど応用ができます。

この視点は抽象度が高い分、他のビジネスも広く応用が効きます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください