志=ミッション

なんでこんなサイトを立ち上げているのか・・・・・

私の使命

私の決意

「優しくて性格の良い人が苦しまない社会の仕組みづくり」

・・・・・その想い

 

私は現役のシンクタンクの主任研究員です。

シンクタンクでの最前線のマーケティングや戦略に関する情報や実務経験を元に

「優しくて性格の良い人が苦しまない社会の仕組みづくり」を実現するための

手段として、誰にでも取り組めるビジネス、副業をお伝えしています。

 

現実の仕事の世界は優しくて性格の良い人ほど苦しむ社会になっています。

“生きていく糧を得る手段でしかすぎない仕事”に、

非常に大きな苦しみを抱えている多くの仲間を知っています。

現に事実私自身もそのひとりでした。

 

私は身近で大切な仲間を3人も現実の世界から永久に失っています。

 

中学から高校まで6年間一緒だった同級生、

同じ会社に同期で入社した同輩、

そして従妹の夫。

 

3人とも私と年齢は私とほぼ同じです。

“生きていく糧を得る手段にしかすぎない仕事”への不適応、

人間関係への苦しみとその自責が引き金での自殺でした。

自分の身近で年齢もほぼ同じ仲間が3人も、自ら命を断ってしまうというのは

あまりにも異常な状況です。

(それはたまたま私の周りで起こっただけなのかもしれません。)

 

みんな純で優しくていい奴だった。

それゆえ組織の中では苦しんでいました。

何気ない笑顔の下にはいつも、出口のない不安と終わりない苦しみを抱えていたのです。

本人の適応力や資質、努力の不足と評されるかもしれません。

しかし彼らはみんな毎日自分なりに目の前の環境と全力で戦っていた・・・・・。

 

中学校の下校のときに初めて話した彼は、

とてもたくさん本を読んでいて、物知りでした。

大学を出て初めての会社で、激しい上司の真下で出社拒否になり、

アパートに引きこもり2年で退社。

その後職を転々としていました。

ネットワーク・ビジネスの誘いがあった時、私はとてもひどい断り方をしました。

(ネットワーク・ビジネスは彼にも向いてなかったし、私にも向いていません。)

 

 

同じ会社の同輩はよく朝のバスで一緒になりました。

新しい部署が合わないと良く漏らしていました。

彼は移動になった営業よりも取材やライティングの能力が高かった。

訃報を聞いたのは、会社を去ってから家庭環境などが変わったと聞いた直後でした。

 

従妹の夫とは、

結婚式の時と、田舎の実家で法事やお盆に数回あったことがあるだけです。

会社が嫌で、やめて独立して事業を始めたと聞いていたのに、ショックでした。

学生時代、大阪で新聞奨学生をしていた私は日曜日の晩ご飯を、

よく従妹の家で食べさせてもらいました。

(新聞奨学生は普段は販売店で夕食を頂くのですが日曜日の夕食だけは出ません)

現在は兵庫県で非正規雇用の介護の仕事で、娘をひとりで一生懸命育てています。

(子どものころお盆やお正月に徹夜でポンジャンで遊んだときの従妹の笑顔と、

今の状況にはあまりにも距離がありすぎます。)

 

みんなやさしくてとても性格が良かった。

ただ器用な立ち振る舞いができなかった。

朴訥で純で気が優しい。

だから組織の中では、声が大きく、強いものに上から覆いかぶされる。

 

”人財”を潰す上司は明らかに、存在します。

その意味で人災といえるかもしれません。

(人はかけがえの無い財産です。パーツではありません。

材料ではないので私は人材ではなく”人財”とお伝えします。)

 

しかし組織は、辞めて会社を去る側にこそ落ち度がある、という見方をします。

どんな時も、必ず。

 

当時の私はなにもチカラになることができなかったことを悔やみました。

そしてそんな仲間が身近に3人も、自分とほぼ年齢でいることに、

この社会の異常さを考えました。

世の中には彼らと同じように“生活の糧を得る手段でしかすぎない仕事”で

人間関係に苦しみ、出口のない(と思い込んでいる)トンネルのような夜に、

圧し潰されそうな胸を抱えて眠れない毎日を過ごしている人がたくさんいます。

 

事実、私もそうでした。

 

彼らは大切な自分の命と引き換えに、私に大きな“使命”に気づかせてくれたのだ。

私はそう解釈することでかろうじて、私にも伝播しかけた負の連鎖、

自我の崩壊を防ぐことができました。

 

“組織や社会に、そんなやさしい人財を救う仕組みがないのであれば、私が用意する。”

 

それから仕事が終わってから毎晩、様々な方法を調べ尽くしました。

私の本業の仕事も幸いでした。

シンクタンクの研究員というは、常に実務の最前線で、徹底的に調べ尽くし、

限りなく“解”に近い、次の打ち手を社会や企業に提案することを生業としています。

環境変化や社会の構造変化をいろいろな確度から見ながら、

最適な次の打ち手を提案するというのは得意技です。

 

私の普段の仕事の作法と経験を、

組織に縛られない仕事、不安を減らすための手段の発見と開発に応用しました。

 

私たちの実務ではいつも「クリティカルにモノを見よ」と言います。

「簡単には認めない、受け入れない、厳しく、批判的に物事を見る姿勢」です。

私は常にこのクリティカルな曇りなき眼でビジネスの可能性を判断します。

 

優しくて人のいい人財が、これ以上苦しまない仕組みを提供していくために。

 

どんなことがあってもこの気持ちは絶対に譲りません。

 

なぜなら、個人が人間関係に苦しまない仕事、

あるいはそれに代わる手段が持てるということは、

命までも救うことができるからです。

 

必ずみなさんのお役にたちます。

 

実現するのは私の理想ではありません。

この想いを読んで共感いただいたあなたの理想なのです。