プロフィール

はじめまして。

蒼井と申します。
広告会社系シンクタンクの主任研究員。サラリーマンです。
仕事を終えた後は自分ビジネスをもつ、一事業主でもあります。
シンクタンクの研究員として常に最前線のマーケティング実務の現場にいます。
その実務経験を副業に応用し「優しくて性格の良い人が苦しまない社会の仕組みとしての副業」について発信しています。

 

現実の仕事の世界は優しくて性格の良い人ほど苦しむ社会になっています。
“生きていく糧を得る手段としての仕事”に苦しんでいる多くの仲間を私は知っています。

 

事実私自身もそのひとりでした。

 

そんな社会を変えたい。
社会を変えることが難しいのであれば、手段を持とう。

“生きていくための糧を得る手段”を持つことさえできれば、会社や組織の中で苦しむことはありません。

 

このブログでは、優しくて性格の良い人が、おだやかに生きていける手段をお伝えしています。

現在の私の仕事、シンクタンクというのは、企業の経営戦略などについて、調査・分析を行い、問題解決や将来の様々な予測などの提言をする研究機関です。
ニュースなどでご意見番的に簡単なコメントをしゃべる、「◯◯総研」とかの類になります。

 

そして私の専門はマーケティングです。
調査案件は累計1,000件以上、
僭越ですが、雑誌にも寄稿しています。
さらに僭越ですが、たまに大学で講師もしています。
・・・・・といっても難しいお話をするわけではありません。特にこのブログではわかりやすく私が実務で実践する最新のマーケティング手法をお伝えしてまいります。

 

パソコンは使いますが、ブラインドタッチはできません。
細かく指示する上司が嫌いです。
なんでも自分の手柄にする上司は許しません。

 

今でこそ実務の最前線でマーケティングを武器に様々な提案をしていますが、
ここにたどり着くまでは、とても長く暗く曲がりくねった長い道のりがありました。

向いていない営業時代、落ち込んだときは頭のなかに良く「ザ・ロング・アンド・ワインディングロード」がリフレインしてきました。

 

私が今、実践して身につけたマーケティングは、教科書に出てくる、綺麗なフローチャートで描ける透き通ったものはありません。

自分のブランディング、ボロクソに言われた営業時代、そこ(底ですね、ほんと)から抜か出すために学んできた、悩みと汗でドロドロになった手あかだらけの、本物のノウハウです。

それはどんな本を買っても、ましてや「宣伝会議」や「ハーバードビジネスレビュー」などの専門雑誌に載っているものではありません。

 

そこで得た本物の実務バリバリのマーケティングをサラリーマンの副業に応用すること。

そしてそれが「優しくて性格の良い人が苦しまない社会の仕組みづくり、あるいはその手段をつくる」ことにダイレクトにつながると確信しています。
これが私の絶対に譲れないライフワークとしているテーマ。

私が「優しくて性格の良い人が苦しまない社会の仕組みづくり、あるいはその手段をつくる」ことを目指す理由やその価値、意味合いをお腹の底からご理解いただくには、

まず私が歩んだ道とそのきっかけをお話しすることが、一番だと思います。
詳しいプロフィールは以下のブログご紹介いたします。

どうぞお楽しみください。

エニアグラムではタイプ2 「人を助けるタイプ」 でした。

 

プロローグ. はじめまして

第1章.とにかく奨学金、奨学金  子どものころ〜学生時代

第2章. 絶対に、絶対に向いていない“営業”からスタートした社会人

第3章.営業から企画へ・・・自ら人事異動を発令させた、私のその後