ブログ

ライティングのコツ、不良になろう!

どうも、蒼井です。

みなさん、ライティング、コンテンツ作成は順調に進んでいますか?

引き続き、ライティングに役立つ秘密の本のご紹介を。

この本、良いんですね〜。
今までライティングに関する本は、
野口幸雄、樋口裕一、リリーフランキー、イケダハヤト、佐々木圭一、バズ部、木坂、川上徹也、ダン・ケネディ、神田昌典、山田ズーニー、中野功、有田憲司・・・・・・
マッキンゼー風なロジカルライティング、パワーライティング
ピラミッド・ストラクチャーの社内セミナー講師もこなしてきました。
オーディエンスのレベルがあまりにも低すぎて、超アホくさかったけど。

(もうアホに教えるほど暇じゃなくなってきたし)

そんな、ライティング・スキルを鍛え上げるために色々と、
それぞれ一通り読み込んできた中で、
この本は、良いです。

 

表面的なテクニックのハナシではなく、
いろんな方向に応用が利く、
根っこの部分=本質を学べます。

 

当たり前のことを
当たり前に書いても、
誰も、読みません。

 

学校で教わってきた、
正しい文章を書くことは、
普段の暮らしのなかで必要な場合は、
あります。確かに。

 

確かにありますが、
でもね、
ネット上で自分メディアを作って
自分コンテンツを発信して、
自分のブランドを作って、
自分の独自コンテンツをビジネスに展開していく場合、
みんなに正しく伝わる、
お行儀の良いクラス代表のような、
そのようなジョーシキ的な文章作法は
あまり役立た、ない。

 

耳抜けの良い文章ほど、
印象には残りません。

印象に残らないのは、
銭には、なりません。

ふつうのことを
ふつうに書いていても
フィーはもらえません。

自分メディアでビジネスを実践していく僕たちが
一番恐れなきゃならないのは、
誰からも関心を持たれないこと。

 

誰からも関心を持たれないよりは、
半分の人を的に回しても良いくらい、
毒が入ったコンテンツを発信したほうが、
ファンが、できる。

 

ファンは、アンチに対しての相対的な存在なので、
友達をなくすぐらいのトンガリでガンガン責めまくると、
その反対側に、ファンが生まれる。

 

相対的なものなので、
嫌われるくらいが、ちょうど良いスタンス。

だれからも嫌われないことを目指すのでは、ありません。
自分の発信する情報(コンテンツ)のファンを作っていくこと。

これ、ネットでの自分コンテンツの発信の要諦です。

 

と、
いうのは簡単だけど、
じゃ
具体的にそうやれば良いのか?

ということを指南してくれるのが、
この本です。

 

ちょっとだけ中身を

・「正論を書くな」
 誰にでもいい顔をしようとすると、  そのとたんに文章はトーンダウンしてつまらなくなっちまう。
 世論には反論できない。  正論で論破しようとする上司、いるでしょ。
 アホな上司と議論するほどアホくさいことはないのと同じで、
 そこから先、思考や想像が停止してします。
 正論好きは、自分メディア発信では、苦戦するできっと。

・「ヒンシュクは金を出してでも買え」  セクシーすぎるねこのスタンス、ネットではこうあるべき。

・「別の人格を演じよ」(私淑している誰かを憑依させるとか?これはよく使われてる手です。   ◯◯さん、降りてきておくれよ、あんたの文体で描きたいからさ〜 こんな感じ。)

・「自分の原点、素を出しなよ。」   (子供の頃に夢中になったものを思い返してみよう!確かブログにも書いた気がします。)

・「天下国家を論じるな」(おじいちゃんの説教は、誰も聞かん)

・「好きなことしか書くな」(これは鉄則、ゾーンに入れるのだ)
 第一、好きなことでなければ、続きません。

・「歪んだ表現でごめんね」(清く正しい文章である必要は、ない)
 適当に歪んでいたり、バランスが微妙にずれていたり。言葉遣いがおかしかったり・・・・・
 ブログのコンテンツでブランディングできている人を見よ
 少なくとも私がベンチマークしている、ブランディングが確立している人の文章は
 そんな感じなのです。

 <不良>のための文章術
 永江朗 NHKブックス

これ、古いけど良いですわ。
アマゾンのユーズドでどうぞ。

たまに5,000円とか意味不明の価格がつくことがあるので
安い今のうちにゲットしておいてください。

僕はレビューはめんどくさいのでやる気はまったくありませんが、
レビューを書いて行きたい方には、その筋の作法も詳細に語られてます。
(レビューって客観的な事実重視になるけど、自分を出すレビューなら、おもしろいと思います。)

 

 

オリジナル・コンテンツを量産するための思考法

オリジナル・コンテンツを量産するための思考法

こんにちは。蒼井です。

コンテンツの発想法にとても役立つ素材が
先週土曜日、12日の朝日新聞の天声人語にあったのでご紹介します。

なんとも優等生中学生の文章講座みたいなタイトルですが、
今回学びたいのは論理構成、起承転結なんかではなく、
以下の1点のみです。

「アナロジー思考」

 

アナロジー思考という方法

独自性のあるコンテンツや
ユニークなアイデアを生み出す時に、
とても役立つ武器としての発想法で、
「アナロジー思考」という考え方があります。

異なるものから共通項を見つけ出して、
その共通項で異質なモノを結びつけてしまう。

私のお伝えするライティングスキル、コンテンツ作りの肝になる考え方です。
今日はこの「アナロジー思考」についてわかりやすく事例をもってお伝えします。

 

異なるものを、つなげる発想

具体的にはたとえば、
犬と猫は異なりますが、
ペットという一段階上位の概念でくくることができます。

個別にみると犬≠猫ですが、
ペットと言う共通項でみると、
犬=ペット=猫

ペットという、一段上の抽象化した視点でとらえると
犬=猫
という、”異なるけど同じ”という解釈ができるわけです。

この”異なるけど同じ”という解釈。
この解釈が自由にできるようになるのが、アナロジー思考です。

リニアモーターカーと蒸気機関車も、
列車という抽象化した概念でくくると、同じになります。

リニアモーターカー=列車=蒸気機関車

三輪車とポルシェカレラも、
乗り物という更に抽象化した概念上では同じ。

三輪車=乗り物=ポルシェカレラ

異なるものを、一度抽象化すると、同じものと解釈することができます。
この抽象化するコツ=アナロジー思考を身につけると、
ユニークな発想、
独自のアイデア、
面白い視点でのコンテンツ作りに役立ちます。

 

有吉弘行に学ぶアナロジー発想

良く、「あなたの話は飛びすぎる。飛躍しすぎる。」と言われる人。

そんな方は、この”異なるものを抽象化して結びつける”という、アナロジー思考を、
無意識の内に行っている可能性があります。

一を聞いて十を発想する。
そんなイメージ。

あだ名をつけるのがうまい人も、同じです。
有吉弘行も、人を抽象化して別のものに結びつけるという、
アナロジー思考に長けているわけです。

 

「天声人語」を教材に クリスマス=トランプから生まれる視点

そんなアナロジー思考の具体例をご紹介しましょう。

12月12日(土)の朝日新聞「天声人語」です。

アメリカでの、メリークリスマスの封印ムードに対する不満と、
大統領出馬を狙うトランプ氏の人気の本質は、同じ(近い)という解釈。

実はアメリカでは日本ほど「メリークリスマス」をカンタンには口にできないらしい。
公立学校では「きよしこの夜」はNG。
クリスマスツリーも「コミュニティツリー」と呼ぶそうです。
他の宗教を信仰する人への配慮がそういう風潮を作っているとのこと。

そんな風潮に、「これはある種のきれいごとだ」と、憤る神父たちの
「クリスマスを取り戻せ!」活動に賞賛が集まっています。
神父たちの想いは「そんな建前優先の社会に風穴を開けたい」。

この活動とトランプ氏の過激な発言、「本音で語る」ことへの人気。

「建前社会に風穴をあける」という解釈において
メリークリスマス復活とトランプ氏の人気の本質は、同じものだと言えるわけです。

 

コンテンツ量産の武器に使いましょう

一見、関連がなさそうなものでも、
そのことの共通項=抽象化されたもの=本質レベルから眺めると、
同じ土俵で考えることができる。

この天声人語で紹介されている事例からは、
そんなアナロジー思考を得ることができます。

一見、まったく違うようなものでも、
イコールだと解釈するアナロジーの考え方。

若干抽象的で分かりにくいかもしれませんが、
是非、身につけてみてください。

アナロジー思考について理解を深めるには、以下のコンテンツも合わせてご参考にしてください。

本やセミナーで学んだことを活かせるシンプル・フレーム、作ってみました。
ライティング力アップの発想力をあなたに フォースとしてのアナロジー思考

 

さらに学びたい方には、こんなアナロジー思考の入門書があります。

抽象的だから、応用が効く。そんな本です。

 

異なるものを結びつけて、新しいものを作る。

こんな解釈が自由にできるようになると、
独自のアイデアや、ユニークなコンテンツをどんどん作ることができます。

私のお伝えするライティングスキル、コンテンツ作成において
アナロジー思考は切っても切れない、絶対必要スキルだと思っています。

また、アナロジー視点を持つと、
個別の事象や、他人の一言に対して右往左往することが、無くなります。
目指すものが、はっきりしている。
今やるべきことを、ビジョンという達成目標に照らし合わせて取捨選択できる。

へんな情報に惑わされることも、無くなります。
(この辺り、語りだすといくらでもきりがないので、また改めてコンテンツを作りますね。)

何れにしても、稼げる自分ビジネス作りのためには、
ライティング力とコンテンツ力を鍛えて参りましょう。

 

初心者向けブログ記事の書き方 〜ワードプレスによるweb制作のコツ〜

ワードプレスによるブログ記事の書き方のコツをお話します。

こんばんは。蒼井です。

ワードプレスでブログを書き続けていると、

ブログ記事のネタがなくなる。
今日は書くことが、ない。

ということが状況が起こりえる可能性もあります。

副業の情報発信メディア、媒体として
ブログはネット上で情報発信をし続けることが必要です。
(ある程度のコンテンツが貯まるまでは特に)
そうすることで読者に見つけてもらう、発見してもらうことが可能になります。

インバウンドマーケティングでは
ターゲットに“見つけてもらう”ことが必要です。
そのためにはターゲット(利用者)に役立つ情報が潤沢にあるブログ

=資産価値の高いブログである必要があります。

そのためにはまずは、とにかくコンテンツを充実させること。
役に立つ情報を増やしていく。

そのためには、立ち上げ当初3ヶ月は
1日1記事のアップをおすすめします。

そのためには、1日1記事自分に課す。

どんなことがあっても、1日1記事はアップする。

しんどいですけど、3週間続けることができれば、
その後は習慣になります。

(「そのためには〜」を3回以上繰り返すと、具体的にやるべきことにたどり着きます。
「逆換分析」という実行計画立案の技法です。又の機会に詳しくお話しますね。)

お得意先や上司と(飲みたくもない)お酒を飲んでの深夜の帰宅の日も、あります。
納期ギリギリで、ほぼ徹夜に近い状態で仕上げる仕事がある日も、あります。
何もやる気がしない日、そんな日が人間だから当然、あります。

そんなときでも1日1記事を自分に課す。

どんなにしんどくっても、
3週間続けることができれば、
その後が楽になります。

3週間とにかく続けてみること。
すると、習慣になります。

これは真理です。
一度3週間自分に課してみてください。
カラダの中の細胞にプログラムされた感じになります。

そこまで行けば、後はおのずと自走していきます。

そのための一つの私が実践しているお知恵をお伝えします。
本論はこれからです。

ブログネタのストックです。

ブログねたは、
PCの前に座ってひねり出せるものではありません。

普段の仕事をしている時や、
通勤の電車のなか、
お風呂の中や
寝入りばなのベッドの中、
(NHKの井上あさひって綺麗だけどきつそうだなと思いながら)
ニュースを見ている時とか
セブン-イレブンで立ち読みをしている時、

大抵、
往々にして、
そんな時に、突然、浮かぶものです。
インスパイア!
するものなのです。

多くのアイデアがそうであるように、
ブログネタも、まったく別のことをしている時に、
突然、ひらめきます。
(これは常に下意識がアイデアやブログネタを探しているからです)

インスパイア!したネタやアイデアを
その場にある紙切れや、本の書店カバー、
手帳やスマホのボイスメモなどに
メモっておきます。
(スマホのボイスメモは、歩いている時とかに電話をしているふりをしながら、
インスパイア!したことをメモります)

ここまでは誰しも行うこことです。

そのメモを、すぐにワードプレスに打ち込んでおく。

(可能であれば)出社直後、
(可能であれば)昼休み、
自宅に帰ってから、すぐに。

具体的には、
タイトルと簡単な意図(アウトライン)を本文に記入しておく。

そして《下書き保存》。

これを繰り返してブログネタを下書きとしてストックしておきます。
備忘録的に、下書きに放り込んでおく。

そして、ネタに尽きた感があった時に【下書き】一覧表示して見るのです。

ブログを書く時に、ネタのストックをめくる。

思いついた時にストックした下書き=ネタは
ある程度の時を経ていて、醸成されているはずです。

醸成されたブログネタは、その後の自分自身の知見は発想も加わり、拡がりも期待できます。
(残念ながらネタとして不発なブログは発芽していません。そういうネタも、あります。)

ブログネタは、
メモや手帳に書き込んだままではなく、
とにかくワードプレスにタイトルだけでも書いて下書き保存をしておく。
醸成させる。

これを強くお奨めします。

書いておくことで、忘れないのはもちろん、
ワードプレス上にあるということで、
すぐに書き始めることができるのです。

ある程度、10個以上ストックがあると、
ネタには困りません。

早く書き上げて、陽の目を浴びさせてくれと、
下書きネタ自体が訴えてきそうな感が出てくれば
しめたものです。

思いついたブログネタは、
手帳やメモ帳からすぐに
ワードプレスに簡単に書き込み、【下書きとして保存】しておきましょう。

ワードプレスという貯蔵庫で熟成させたブログネタは、
あなたの香りがプンプンするブログとしてアウトプットされるのを待っています。

そんな感じで、
とにかくワードプレスに放り込んでおきましょう。

単純ですが、ワードプレスを活用した効果的なブログ講座でした。

最後まで読んでいただいたあなたは、きっといかしたセンスをお持ちです。
ありがとうございます。