ワードプレス

グーグルウェブマスターツールの設定と基本的な使い方

ワードプレスも設定できたので、
SEO対策の基本施策を行います。

こんばんは。蒼井です。

まずは、SEOの基本である、
グーグルウェブマスターツールを設定しましょう。
あなたのブログが検索エンジンに読み込まれるためにも
この辺りの施策から丁寧に行っていくことが大切になります。

ウェブマスター ツール - サイトのダッシュボード - http---direct-relationship-marketing.net-

まずは以下のサイトにアクセスしてください。

グーグルウェブマスターツール
アクセスすると以下の画像になります。
まず赤枠URL空欄に登録したいブログやサイトのURLを入れて、
表示されている文字を入れてください。
スパム防止のために読みにくい文字になっています。
少々読み取りにくい場合がありますが、落ち着いて丁寧に読むとわかる文字です。
入力したら《リクエストを送信》をクリックしてください。
↓↓↓

ウェブマスター ツール - URL のクロール

《リクエストを送信》すると以下の画面に変わります。
【リクエストが受信されました。まもなく処理されます。】
という表記が出ます。
そのままの状態で、
左のウェブマスターツールの文字の部分をクリックしてください。
↓↓↓

リクエストが送信されました

クリックすると以下の画面になります。
ここで《サイトを追加》をクリックします。
↓↓↓

サイトを追加

サイトの追加をクリックしたら以下のダイアログが出てきます。
この枠の中に登録したいURLを入力します。
↓↓↓

URL入力

入力が終わると以下の画面になります。
①  【別の方法】という名前のタグをクリックしてください。
②  次にHTMLタグの◯(ラジオボタン)にチェックを入れます。
③  すると赤枠③のところにHTMLタグが発行されます。このHTMLタグをコピーするかメモ帳などに貼り付けてください。これをワードプレスに設定します。
↓↓↓

別の方法HTML

次にワードプレスにログインし、
サイドバーの①《外観》をクリックし、
続いて外観のカテゴリーの一番下の②〈テーマの編集〉の順にクリックしてください。
続いて③【ヘッダー】をクリックしてください。
↓↓↓

外観テーマ編集ヘッダー

次に先ほどグーグルウェブマスターツールでコピーしたHTMLタグを〈head〉
の下(赤線以下)に貼り付けてください。
↓↓↓

〈head〉に貼り付け位置

ワードプレスに貼り付けが終わったら
再びグーグルウェブマスターツールに戻ります。
《確認》をクリックしてください
↓↓↓

確認をクリック

確認をクリックしたら
所有権の確認のメッセージが出ます。
《続行》をクリックしてください。
所有権の確認が無事終わり
グーグルウェブマスターツールのホーム画面に戻ると、
新しく登録したサイトが表示されています。
↓↓↓

登録完了

 

以上でグーグルウェブマスターツールへの登録が完了です。

 

続いて
ウェブマスターツールの使い方についてご説明します。

まず確認したいサイトのドメイン部分をクリックします。
↓↓↓
登録完了

すると以下のように様々な項目が出てきます。

これがウェブマスターツールのコントロールパネルです。
↓↓↓
ダッシュボード1

たくさんありますが
最初は項目を絞ってチェックをしていきましょう。

◯ グーグルインデックス
◯ 手動による対策
◯ URLの削除
◯ HTMLの改善
◯ Fetch as Google

まずはこのあたりをチェックできるようにしてみましょう。

【グーグルインデックス】は自分の書いたブログ記事がグーグルインデックスに登録されているかを確認します。

【手動による対策】は、スパムリンクなどによるペナルティを受けていないか?の確認を行います。

【URLの削除】はアクセスの全然ない記事を削除する時に使います。(最初のうちはあまり必要ないでしょう)

【HTMLの改善】は重複するメタデータ(descriptions)の確認を行います。
メタデータ(descriptions)が多いとグーグルにコピページの量産と認識されて圏外に飛ばされることがありますので気をつけましょう。
(重複するディスクリプション対策はプラグインやHTMLタグで対応できますので、別途改めてご紹介します。)

【Fetch as Google】はグーグルに自分のブログを読み取ってもらうためのリクエストを発信するものです。

私が使っているのは主に上記の5つぐらいです。

ウェブマスターツールで自分のブログの課題や問題点を見つけて
早めに手を打つ習慣をつけましょう。
最初はわからないことばかりですが、分かる範囲の部分を使っていけば
おのずと他の機能の使い方も色々と情報として入ってきます。

まずは分かる範囲でやってみましょう。

泳ぎを覚えるのに、まずプールに入るのと同じです。
とにかくやってみると、そこそこ前に進み出します。
その感覚を覚えていただくとこれから加速していきます。

 

ワードプレスでの記事作成の基本 初心者ためのSEOの本質を起点に

 

『Google の使命は、

世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること』なのです。

そんなGoogleの使命に基づいた、記事の書き方2つの原則をあわせてご紹介します。
SEOの基礎になります。


①【左寄せ優先の原則】
②【文頭キーワード埋め込みの原則】

 

この原則に沿うことが、
役立つコンテンツを、Googleによって必要な方に届けてもらう最良の取り組みになります。
こんばんは。蒼井です。
ドメインを取得し、
サーバーにワードプレスがインストールできたので
いよいよワードプレスで記事の投稿をおこなっていきましょう。
IDとパスワードを入力しワードプレスにログインして
最初に立ち上がるワードプレスの画面です。
ダッシュボード(投稿や設定を一元管理する、まさしくダッシュボードです)

↓↓↓

ダッシュボード ‹ 副業のススメ シンクタンク研究員によるバレない副業プロジェクト — WordPress

左側の黒ベタ白抜きのサイドバーに
基本的な機能が集約されています。
まずブログのタイトルを設定しましょう。

 

サイドバー左下の設定にカーソルを置くと
メニューが出てきます

↓↓↓

タイトル設定1

 

一般をクリックすると以下の画面になります。
↓↓↓

一般設定

 

この【一般設定】画面で
サイト名
キャッチフレーズを入れます。

 

サイト名は23文字以内にしてください。
キャッチフレーズはサイトの簡単な説明です。
その際SEOを意識したサイトタイトルのコツをお伝えします。
【左寄せ優先の原則】です。
Google検索エンジンは英語文脈構造で出来ているので
左側から認識していきます。
つまり、検索エンジンに認識してもらいたいキーワードから
左側に詰めて書くということが必要になります。

良く、◯◯◯◯(名前)日記や
日々好日日記など
自分の想いが先に立ったタイトルを付けがちです。
でもアタナの名前で検索したり、
日々好日などの訳の分からないキーワードで検索してくる人はほとんどいません。
いたとしても、私たちが想定するビジネスのターゲットではないでしょう。
ビジネスとしてきていただきたいお客さま(ターゲット)が検索しそうなキーワードを組み合わせてタイトルを作ってください。
キーワードの組み合わせは
フェレット+(Ferret+)や
ヤフー虫眼鏡ツールなどで、目指すキーワードと同時に検索されるキーワードを上手く結びつけてください。
タイトルとキャッチフレーズが記入できたら、
まずは記事を書いてみましょう。
サイドバーの投稿をクリックすると【投稿】画面になります。
↓↓↓

投稿 1
新規投稿をクリックしてください。
↓↓↓
新規投稿2
ここでタイトルと
本文を記入します。
1,200文字程度で結構ですので、まずは書きてみましょう。
あなたのブログの趣旨、思い立った経緯、これから取り組むビジネスの方向性などが考えられます。
プロフィールでも構いません。
まずは1200程度の記事を書いてみましょう。
書いていきなり検索で拾われて
あなたの記事が読まれることは、まずありません。
グーグルは新しいドメインに対してはすぐには拾わないので
新規のドメインはしばらく寝かせておく期間になります。
記事を書く練習も兼ねて、書いてみましょう。
その際の原則を2点お伝えします。


①【左寄せ優先の原則】
②【文頭キーワード埋め込みの原則】

① の【左寄せ優先の原則】は主にタイトルです。
ブログのタイトル設定のところでも触れましたが、
グーグルは英語構造で検索するので左側から読み込んできます。
ですので個別に書く記事のタイトルも
グーグルに読み取って欲しいキーワードから優先的に並べてタイトルらしく作ってください。

②【文頭キーワード埋め込みの原則】は
ブログ記事の最初の120から160文字はディスクリプションといって
検索結果のタイトルの下に表示されるものになります。

ブログ記事の本文出だしの120〜160文字に、
検索されたいキーワードを出来るだけ盛り込んで文章をスタートしてください。
良く報告書などの冒頭で、【サマリー】と言って、
数ページに渡る報告内容の要約を数行で表現する方法が取られます。
外資系の報告書には必須です。
アングロサクソン系はまず、結論から求めます。
結局何が言いたいのかを、冒頭に話すことを求めるのはグーグルも然り。ということでしょう。
なので、ブログ記事を書くときは、頭の120〜160文字にキーワードを埋め込んだサマリーを用意しましょう。

以上2点を毎回の記事で行うことが最大のSEO対策です。

『Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。』なのです。
価値のある情報を欲している人にアクセスしていただくために存在するGoogleに評価されるためには?
という視点から考えると、
必然的に上記2つの原則でコツコツとコンテンツを作る事こそ、
Googleが最も評価する=SEO効果の高い方法です。
検索エンジンの仕組みの裏を書くような、ペラサイトを量産して、
一瞬はごまかせても、価値の無いコンテンツだとわかると検索エンジンは拾わなくなります。
私たちは、本当に価値のある情報を作って、Googleに本当に欲しい人に届けてもらうのだ。
という本質思考で取り組んでいきましょう。

そしてこれが最強のSEO対策です。
もちろんキーワードの策定などのテクニカルな方法や、
ワードプレスでSEO対策のプラグインも追々ご紹介もしていきますが、
まずはこの2つの原則のもと、ブログ記事を書いていきましょう。

最後まで詠んだいただいたあなたは、きっといかしたセンスをお持ちです。
ありがとうございます。

ワードプレスのインストール( 中学生にも解るくらい丁寧に説明してみました。)

ドメインを取得して、
サーバーの契約(今回はエックスサーバー)も終わりました。
いよいよワードプレスをインストールする準備が出来ました。

ワードプレスも、実際に自分で使ってみて初めてその良さがわかります。
とにかくまずはやってみること。
これに尽きます。

泳ぎ方を覚えるのに、
水着に着替えてプールに入るのと同じです。
とにかく、インストールして始めてみましょう。

そして一旦情報発信する基地さえできれば
後はどんどんコンテンツを増やしていく(ブログを書く)ことができます。
しっかりした情報発信基地を作りましょう。

大丈夫。
以下の流れに沿えば、
だれでもできるようにわかりやすくお伝えしています。

それではいきましょう。

エックスサーバーの設定

 

まずは、エックスサーバーから一番最初に届いているメール
【Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)】の中に記載されている
【インフォパネル】にアクセスします。
リンクをクリックし出てきた画面に会員IDとパスワードを入力しログインします。

↓↓↓
ログイン1

ログインすると、
【インフォパネル】のトップ画面になります。

赤枠内の《サーバーパネル/ログイン》をクリックします。
↓↓↓
WP2

 

ログインすると
X Server Panel 画面になります。
この画面でエックスサーバーの様々な設定を行うことになります。
今回はまず、エックスサーバーにドメインを設定させるので、
赤枠内の《ドメイン設定》をクリックします。
↓↓↓
WP3

 

クリックすると以下の画面になります。
(私は3つのドメインがありますので既に3つ出ています)
赤枠内の《ドメインの追加設定》をクリックします。
↓↓↓
ドメイン設定パネル

 

クリックすると以下の画面になります。
この画面の空白の枠の中に
バリュードメインで取得したドメイン名を入力してください。
.com、.netなどのトップレベルドメインも選んでください。
入力が終わったら、
赤枠内の《ドメインの追加(確認)》をクリックします。
↓↓↓
ドメイン設定パネル1

 

クリックすると
【以下のドメインを追加しますか?】

という確認の画面になります。
入力したドメインに間違いがなければ
《ドメインの追加(確定)》をクリックしてください。
(これでエックスサーバーにドメインが登録されます。)
【ドメイン設定の追加を完了しました。設定内容は以下の通りです。】という画面が出ます。

再び、サーバーパネルトップに戻ります。
(以下の画面になります。)
まず右上の赤枠内の【★現在の設定対象ドメイン】欄に先ほど設定したドメインが表示されていることを確認して下さい。
※ もし表示されていない場合は画面左下赤枠内の
《設定ドメインの変更》の上のプルダウンメニューで先ほど設定のドメインを出して変更してください。変更した後は《設定ドメインの変更》をクリックしてください。ドメインを複数持つと、ここで設定ドメインを変えることができます。
確認が終わったら赤丸囲みの《サーバー情報》をクリックしてください。
↓↓↓
サーバーパネルトップ1(サーバー情報)

 

以下の画面になります。
ネームサーバー情報を
バリュードメインで取得したドメインに紐付けていくことになります。
この画面のネームサーバー1〜5をコピーしてください。
(通常のテキストをコピーする手順、ドラッグしてアクティブにさせてコピーで大丈夫です。)
↓↓↓
サーバー情報のコピー

 

バリュードメインへ〜ドメインにサーバー情報を読み込ませます。〜

 

コピーしたらそのままの状態で
バリュードメインにアクセスしてログインください。
バリィードメインへは、バリュードメインから最初に届いたメール【ユーザー登録完了のお知らせ (◯◯◯◯◯)】というタイトルのメールにURL、ユーザー名、パスワードが書かれています。
ログインしたら以下の画面になります。
ここで赤枠内の《取得済みドメイン一覧》をクリックしてください。
↓↓↓
バリュードメイン取得済みドメイン

 

クリックすると以下の画面になります。
【変更できるドメイン】に表示される、今回設定するドメインのNS(ネームサーバー)という所(黄色文字)をクリックしてください。
↓↓↓
変更できるドメイン

 

以下の画面になります。
ここでドメインのネームサーバーを変更します。
画面のネームサーバー1〜5に
先ほどエックスサーバーでコピーしてきたネームサーバー1〜5をそのまま貼り付け(ペースト)してください。
貼り付けたら《保存する》をクリックしてください。
↓↓↓
ネームサーバー変更画面

 

《保存する》をクリックすると、以下の画面になります。
これでバリュードメインの情報がエックスサーバーに反映される設定が完了です。
↓↓↓
V正常に変更しました

 

再び、エックスサーバーの画面に戻ります。

 

サーバーパネル画面に戻り
赤枠内の《MySQL5設定》をクリックします。
↓↓↓
MySQL5設定

 

すると以下の画面に変わります。
赤枠内の《MySQLの追加》をクリックしてください。
↓↓↓
《MySQLの追加》をクリック

 

すると以下の画面になります。
赤枠部分に自分が覚えやすい任意の文字を入力してください。
ワードプレス用の設定なのでwpなどが良いと思います。
最後に《MySQLの追加(確認)》をクリックし、次の画面で間違いがなければ《MySQLの追加(確定)》をクリックしてください。

すると下記の画面に移りますので、
《MySQLユーザの追加》をクリックします。
↓↓↓
ユーザー追加

 

以下の画面になります。
データベースに名前をつけます。
覚えやすい任意の名前で結構です。
最後に《MySQLの追加(確認)》をクリックします。
↓↓↓
ユーザー追加記入画面

 

クリックすると確認画面になります。
◯MySQLデータベースを追加しますか?
間違いがなければ赤枠内の《MySQLの追加(確定)》をクリックします。
↓↓↓
ユーザー追加記入画面2

 

すると以下の画面になります。
赤枠内の《MySQLユーザの追加》をクリックします。
↓↓↓
ワードプレス自動インストール3

 

以下の画面になります。
赤枠内のパスワードなど必要事項を記入してください(任意の文字で結構です)。
忘れずに覚えておいてください。
入力が終わったら《MySQLユーザの追加(確認)》をクリックしてください。
↓↓↓
パスワード設定

 

《MySQLユーザの追加(確認)》をクリックしたら
下記の画面になりますので、《MySQLユーザの追加(確定)》を
クリックして下さい。
↓↓↓
MySQLユーザの確定

 

以下の画面になります。
《MySQLの一覧》をクリックし、
赤枠の《追加》をクリックし、
続いて《確定》をクリックします。
↓↓↓
MySQLの一覧をクリック

 

以下の画面になります。
MySQLデータベースへのアクセス権の追加が完了しました。
左上の《トップ》をクリックし、サーバーパネルのトップに戻ります。
↓↓↓
アクセス追加

 

いよいよワードプレスのインストールです。

 

サーバーパネルのトップに戻ったら
まず
①左下の《対象ドメインの変更》で
設定したドメインを表示させて変更します。
設定対象ドメインの変更を表示させて、
《設定対象ドメインの変更》をリックして下さい。

対象ドメインを変更したらそのドメインにワードプレスを設定します。
続いて
②《自動インストール》をクリックしてください。
↓↓↓
対象ドメイン確認

 

自動インストールをクリックすると以下の画面になります。
《プログラムのインストール》をクリックしてください。
↓↓↓
自動インストールプログラムのインストール

 

クリックすると以下の画面になります。
ここでWordPress日本語版のインストールを行います。
《インストール設定》をクリックしてください。
↓↓↓
ワードプレス自動インストール

 

クリックすると以下の画面になります。
赤枠内に必要事項を記入してください。
ブログ名は後で変更が可能ですので仮タイトルの記入で構いません。
(SEO対策などを感慨ながら後で変更します。)
記入したら《インストール(確認)》をクリックしてください。
↓↓↓
ワードプレス自動インストール1

 

次に【◯以下のスクリプトをインストールしますか?】という確認の画面が出ます。
間違いがなければそのまま《インストール(確定)》を押してください。
↓↓↓
ワードプレス自動インストール2

 

《インストール(確定)》をクリックすると下記の画面が表示されます。
ここで表記されるURLがあなたのワードプレスの「ダッシュボード」というコントロール画面のURLになります。
下のIDとパスワードを大切にメモしてから
(スマホで写真やエバーノートなどのメモに保存すると便利です)
上赤枠部分のURLをクリックし、ワードプレスにアクセスします。
↓↓↓
ワードプレス自動インストール3

 

入力に誤りがなければ下記のように
ワードプレスのログイン画面になります。
ここがワードプレスの入り口なので、ブックマークやデスクトップなどに置いてください。
そして先ほどのID、パスワードを
入力しログインします。
↓↓↓
ワードプレスログイン

 

ログインすると以下の画面になります。
おめでとうございます!
ワードプレスの各種設定やプラグインの設定
記事の投稿ななどが行える画面です。
これからワードプレスがガンガン使える環境になりました。
↓↓↓
ダッシュボード

いかがですか。
シンプルでかっよいいと思いません?
無料のブログよりも若干手間はかかりますが
これがグーグルのお墨付きのブログです。
自信を持って情報発信をしていきましょう。

ブログのテンプレートも様々にありますので
追々ほどご紹介してまいります。

エックスサーバーにもWordPress 日本語版マニュアルが有ります。
あわせてご参考にしてください。

初心者向けブログ記事の書き方 〜ワードプレスによるweb制作のコツ〜

ワードプレスによるブログ記事の書き方のコツをお話します。

こんばんは。蒼井です。

ワードプレスでブログを書き続けていると、

ブログ記事のネタがなくなる。
今日は書くことが、ない。

ということが状況が起こりえる可能性もあります。

副業の情報発信メディア、媒体として
ブログはネット上で情報発信をし続けることが必要です。
(ある程度のコンテンツが貯まるまでは特に)
そうすることで読者に見つけてもらう、発見してもらうことが可能になります。

インバウンドマーケティングでは
ターゲットに“見つけてもらう”ことが必要です。
そのためにはターゲット(利用者)に役立つ情報が潤沢にあるブログ

=資産価値の高いブログである必要があります。

そのためにはまずは、とにかくコンテンツを充実させること。
役に立つ情報を増やしていく。

そのためには、立ち上げ当初3ヶ月は
1日1記事のアップをおすすめします。

そのためには、1日1記事自分に課す。

どんなことがあっても、1日1記事はアップする。

しんどいですけど、3週間続けることができれば、
その後は習慣になります。

(「そのためには〜」を3回以上繰り返すと、具体的にやるべきことにたどり着きます。
「逆換分析」という実行計画立案の技法です。又の機会に詳しくお話しますね。)

お得意先や上司と(飲みたくもない)お酒を飲んでの深夜の帰宅の日も、あります。
納期ギリギリで、ほぼ徹夜に近い状態で仕上げる仕事がある日も、あります。
何もやる気がしない日、そんな日が人間だから当然、あります。

そんなときでも1日1記事を自分に課す。

どんなにしんどくっても、
3週間続けることができれば、
その後が楽になります。

3週間とにかく続けてみること。
すると、習慣になります。

これは真理です。
一度3週間自分に課してみてください。
カラダの中の細胞にプログラムされた感じになります。

そこまで行けば、後はおのずと自走していきます。

そのための一つの私が実践しているお知恵をお伝えします。
本論はこれからです。

ブログネタのストックです。

ブログねたは、
PCの前に座ってひねり出せるものではありません。

普段の仕事をしている時や、
通勤の電車のなか、
お風呂の中や
寝入りばなのベッドの中、
(NHKの井上あさひって綺麗だけどきつそうだなと思いながら)
ニュースを見ている時とか
セブン-イレブンで立ち読みをしている時、

大抵、
往々にして、
そんな時に、突然、浮かぶものです。
インスパイア!
するものなのです。

多くのアイデアがそうであるように、
ブログネタも、まったく別のことをしている時に、
突然、ひらめきます。
(これは常に下意識がアイデアやブログネタを探しているからです)

インスパイア!したネタやアイデアを
その場にある紙切れや、本の書店カバー、
手帳やスマホのボイスメモなどに
メモっておきます。
(スマホのボイスメモは、歩いている時とかに電話をしているふりをしながら、
インスパイア!したことをメモります)

ここまでは誰しも行うこことです。

そのメモを、すぐにワードプレスに打ち込んでおく。

(可能であれば)出社直後、
(可能であれば)昼休み、
自宅に帰ってから、すぐに。

具体的には、
タイトルと簡単な意図(アウトライン)を本文に記入しておく。

そして《下書き保存》。

これを繰り返してブログネタを下書きとしてストックしておきます。
備忘録的に、下書きに放り込んでおく。

そして、ネタに尽きた感があった時に【下書き】一覧表示して見るのです。

ブログを書く時に、ネタのストックをめくる。

思いついた時にストックした下書き=ネタは
ある程度の時を経ていて、醸成されているはずです。

醸成されたブログネタは、その後の自分自身の知見は発想も加わり、拡がりも期待できます。
(残念ながらネタとして不発なブログは発芽していません。そういうネタも、あります。)

ブログネタは、
メモや手帳に書き込んだままではなく、
とにかくワードプレスにタイトルだけでも書いて下書き保存をしておく。
醸成させる。

これを強くお奨めします。

書いておくことで、忘れないのはもちろん、
ワードプレス上にあるということで、
すぐに書き始めることができるのです。

ある程度、10個以上ストックがあると、
ネタには困りません。

早く書き上げて、陽の目を浴びさせてくれと、
下書きネタ自体が訴えてきそうな感が出てくれば
しめたものです。

思いついたブログネタは、
手帳やメモ帳からすぐに
ワードプレスに簡単に書き込み、【下書きとして保存】しておきましょう。

ワードプレスという貯蔵庫で熟成させたブログネタは、
あなたの香りがプンプンするブログとしてアウトプットされるのを待っています。

そんな感じで、
とにかくワードプレスに放り込んでおきましょう。

単純ですが、ワードプレスを活用した効果的なブログ講座でした。

最後まで読んでいただいたあなたは、きっといかしたセンスをお持ちです。
ありがとうございます。

ワードプレス 初心者のための基礎知識

「ワードプレスは世界最高のブログサービスだ!」

ワードプレスのSEO効果の高さは、
Googleの検索エンジン開発の責任者であるマッツ・カット氏が認めています。
検索エンジンのアルゴリズムはGoogleが握っているので
Google検索エンジンの開発責任者のこの評価は真理です。

さらにSEOの天才と呼ばれる起業家
(アフィリエイターとして、一日に27万8千ドル売り上げた記録を持つ)
ジェフ・ジョンソン氏もマーケティング戦略の要として ワードプレスを利用しています。

そのエビデンス(根拠)としての統計データもご参考にしてください。

ワードプレス統計情報

ということでGoogleもお墨付きのワードプレスで
副業ツールとしての最強のブログを作っていきましょう。

 

ワードプレスのインストール

 

ドメインの取得

サーバーの設定 〜エックスサーバーの設定 その1〜

サーバーの設定 〜エックスサーバーの設定 その2〜

ワードプレスのインストール(中学生にも解るくらい、超丁寧に説明してみました)

 

ワードプレス 活用のコツ

 

ワードプレス 初心者向けブログ記事の書き方 〜ワードプレスによるweb制作のコツ〜

ワードプレス 記事作成の基本(初心者のためのSEOの本質を起点に)

カテゴリーでブログ記事の構造化

 

 

 

ドメインを取得しましょう〜バリュードメインでの設定〜

私が提唱する目指すべき副業のキー概念にエクス・フォメーションがあります。
外側【エクス】に形づくる【フォーム】
自分の知見やノウハウをどんどん外に向けて発信していくこと。
それが副業ビジネスの起点になります。
(エクス・フォメーションについては別のコマで詳しくご説明します。)

 
エクス・フォーメーションの実践、
自らの媒体をもって情報を発信していくこと。
 
そのための基幹になるのがブログ。
そのブログも無料ブログサービスではなく、ワードプレスで行います。

ワードプレスを使うためにはまず、
自分のドメインの取得が必要になります。

こんばんは。蒼井です。

今回は独自ドメインの取得についてご説明します。‘

ドメインとは、
インターネット上におく自分のワードプレスのブログなどのコンテンツの置き場所のありか示すもの、インターネット上での住所みたいなものです。

商いの最初のスタート、
お店の住所を決める。
育てる畑の場所を決める。
 
そんなイメージです。
 
そして今回設定する独自ドメインとは「自分だけの(インターネット)ドメイン」のことです。

私の場合は
http://direct-relationship-marketing.net/
が独自ドメインになります。

ドメインは重複しない限り、世界に唯一1個、自分だけのものになります。
先着順ですので自分のお気に入りの思い入れなどがあれば早めに抑えてください。
なにわともあれ、このドメインを取得してからサーバーの契約をしなければ、ワードプレスの構築ができません。

ドメインは大きく2つの要素で構成されます。

com(ドットコム)、.net(ドットネット)、.jp(ドットジェーピー)などの部分をトップレベルドメインと言います。
その前の部分に自分の好きな任意の文字列。
この2つ、トップレベルドメインと任意の文字列を組み合わせたものが独自ドメインになります。
 
ドメインを持つことのメリットを以下にまとめてみました。

ワードプレスが使えること

 
独自ドメインをとる最大の理由がワードプレスを使うためです。

事業の大命題であるゴーイング・コンサーン、事業永続のための基礎資産として

長期的にアクセスを集めることのできるブログを作るにはワードプレスを使いましょう。

(無料ブログは、今後無料ブログで戦略的なフォーメーションを作る時に必要になってきますそれからでも十分です。)
まずは戦略の軸になる母艦はワードプレスでつくりましょう。

また、ワードプレスであれば削除されたり、サービスの仕様変更や打ち切りの心配がありません。

私もFC2やココログで無料ブログを書いていますが、いつ、サービスの仕様が変更されるかわかりません。
無料ブログの場合商用利用を禁じているところもあります(アメブロなど)。

自分のビジネスとしての自覚が持てます。

自分の思いを反映した愛着のあるドメインを作ってみましょう。

私のドメイン、direct-relationship-marketing.netについて簡単ご説明します。

ネットビジネスの戦略のひとつにDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という考え方があります。

常々私はまん中のRはレスポンス=反応=ではなく

リレーションシップ=関係づくり、永続的な絆づくり=という、こだわりがあるのでそのままドメインにしました。

短くして覚えやすくしてもらうのも手です。

(ドメインを直接手打ちすることはあまりないので、そこに特に拘る必要はないでしょう)

 

独自のメールアドレスを持つことができるので、フリーメールに比べてビジネスに対しての信頼度が増します。

 

独自ドメインでWEBサイトやブログを運営する事により、訪問者にサイト・ブログのURLを覚えてもらえやすくなります(短く印象的な場合)。

 

サブドメインを何個も作成できて、複数のサイト・ブログが一つのドメインで運営できます

今後ブログ戦略のフォーメーションを組む時に役立ちます。

 
その他に、

◯サーバーの引っ越しやブログサービスを移転しても、固定住所(独自のドメイン)なので、

読者の皆さんにお気に入りの登録を変更してもらったり、リンク先を変更してもらう手間がはぶけます。

 

◯WEBでの商業活動・広報活動など、実益の面に置いて商品・企業のブランドネーム向上に役立ちます。

◯余計な広告が表示されないし、アドセンスなどと契約すると広告収益は自分のものになります。

 

・・・・・など、月額80円ほどで、これだけの大きな可能性が広がるわけです。

僅かな金額ですが、ビジネスとしての大切な最初の投資です。

しっかりその意味合いを咀嚼しておきましょう。

 

 

前置きが長くなりました。

今回ご紹介するのは

VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)になります。

私もバリュードメインで取得しています。

 

VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)とはデジロック社が運営するドメイン登録代行サービスです。

.com、.net、.orgなどの定番トップドメインで通常価格が950~990円/年という低価格に加えて、

シンプルで操作しやすい管理画面、WHOIS※という情報代理公開なども標準で利用できます。

独自ドメインで本格的にWEBサイト・ブログを運営したいユーザーに高い評価を受けています。

※WHOISというのはWebサイト上でサイトの所有者を表示することが義務つけられています。

プライバシーの保護や、副業でビジネスを行う際は、このWHOIS表示の代行をおこなってくれるサービスを選んでください。

 

それでは早速、VALUE-DOMAINで独自ドメインを取得してみましょう。

 

VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)のサイト

上のリンクをクリックしてバリュードメインにアクセスして下さい。以下の様な画面が現れます

サイト全体をご覧になっていただき、利用金額などに一通り目を通した後、

ページ上部の「ユーザー登録」の部分をクリックして下さい。
バリュードメイントップページ

ユーザー登録画面です。規約を読んだ後、各項目を記入していきます。後で内容の変更も出来ますが、記入ミスの無いように注意して下さい。

ユーザー登録 (Unicode エンコードの競合)

◯ ユーザー名はログインする際に必要になりますので忘れにくいものにしてください。

◯ パスワードも忘れにくいものをご記入ください。

◯ メールアドレスは今後バリュードメインからの情報を忘れずに受けるためにも、メインメールアドレスをご使用ください。

私はメインで使っているGmailアドレスを使用しています。

◯ ローマ字での入力もおこなってください。

《ドメイン登録をする方は、こちらからローマ字で情報を入力してください》をクリックして、

ローマ字での住所登録を行います。表示されている(例)にそって入力すれば難しいことはありません。

最後に《ユーザー登録する》を押していただき、メールが届くのを待ちます。

以下のようなメールが届きます。

メール画面

ユーザー名とパスワードをメモするか、本メールを大切に保存しておいてください。

(メールソフトで「バリュードメイン」というカテゴリーを作って振り分けることをおすすめします。

今後の更新手続きなどバリュードメインからの情報をわかりやすく整理することができます。)

 

ユーザー登録の確認ができたら、メールの中の《手続解説ページ》をクリックして開いてください。

すると以下の手続解説についてのページが開きます。

基本的にはこの手続き解説に沿って進めていきます。

ユーザー登録は既に終わってるので入金方法についてご説明します。

ご入金方法をクリックしてください。

手続き解説

【支払い操作】をご覧ください。

お支払い設定画面

以下の4つの方法があります。

・クレジットカード編

・コンビニ決済編

・銀行振込・郵便振替編

・WebMoney編

どれでも自分の環境にあったもので構いませんが、

銀行振込は入金確認に時間がかかります(スピード重視のネット向きではないかもしれません)。

WebMoneyは手数料として10%必要になりますのでご注意ください。

クレジットカードが便利でお奨めですが、ない場合はコンビニ決済がお奨めです。

(私はコンビニ決済で、100円ドリップコーヒーを買うついでに、近所のセブンイレブンで払います。)

1,000円〜2,000円入れておけば十分です。

(銀行講座、クレジットカードは今後ネットビジネスの仕入れ管理していく上で必要になるので

専用のものを一つ用意しておくに越したことはありません。

楽天銀行、楽天カードがセキュリティも高く汎用性もあり便利です)

また、確定申告をするのであれば、経費計上できるので領収証は大切に保存しておいてください。

 

入金が完了したら以下の画面のように購入可能金額に入金額が表示されます

入金した金額画面
私の場合は2,000円入金して現在のドメインを994円で取得したので残高1,006円が表示されています。

 

次にいよいよドメインの取得に入ります。

【新規ドメインの取得】をクリックしてください。

取得済みドメイン一

すると以下の画面になります。

空きドメイン検索

【希望ドメイン名】

あなたの好きなドメインが取得できるか検索してみましょう。

www. ◯◯◯◯◯◯◯◯ トップドメイン名

空白に自分の取得したいドメイン名◯◯◯◯◯◯◯◯を入れて、検索してみてドメインに空きがあれば

《取得する》をクリックし、ドメイン取得を行います。

 

トップレベルドメインは .com、.net、.org、.biz、.net、.info辺りが定番になっていますが、

どれが有利というのはありません。自分の好きなものを選んで頂ければと思います。

自分の希望するドメインが既に使用されている場合は当然取得できないので、

トップレベルドメインを色々入れ替えて検討してみてください。

トップレベルドメインによっては割引価格なども設定されているのでご予算にあわせて検討してみてください。

最近では.tokyo、.yokohamaなどの都市名ドメインも人気です。

(.jpは法人格の登録者番号などを別途登録する必要があります。個人では登録できません。)

取得した独自ドメインは長く使う事になりますので、気分を一度入れ替えて別の視点からドメインを選ぶ事を考えましょう。

 

それでは独自ドメインを登録しましょう。

取得するドメイン名に間違えが無い事を確認して、登録者情報の編集に入ります。

ドメイン最終取得画面

ドメイン名の確認をしてください。

 

この操作での登録者情報とはWHOIS (フーイズ)と呼ばれインターネット上に公開されて誰にでも閲覧できる情報ですので注意して下さい。

バリュードメインでは自分の住所・氏名・電話番号などを公開したく無い人のために代理情報を代わりに登録する事が出来ます。

副業でビジネスを行う場合はこのWHOIS代行を必ず有効にしておいてください。

WHOIS代行設定は、画面の下の方の《名義を代理公開する》という項目のリンクをよく読み、

リンクをクリックして下さい(登録者情報は後で編集できます)。

WHOIS

登録者情報の確認が終わったら《登録》ボタンを押して下さい。

独自ドメインの取得はこれで完了です。

 

メニューから取得済みドメイン一覧をクリックし、登録されている事を確認して下さい。

VALUE DOMAIN-バリュードメイン (ユーザー名-masashikanda)

以下の画面で確認ができたらドメインの取得は完了です。

取得ドメイン確認

変更できるドメインにあなたのアドレスが表記されています。

 

以上で完了です。

お疲れ様でした。

これでワードプレス設定のファウンデーション(土台づくり)としての初期段階、

ドメイン取得をクリアです。

 

例えば、泳ぎをマスターするにはまず、水着に着替えてプールに入らなくては、

いつまでたっても泳げるようにはなりません。

とにかく、水に入ってみることが大切です。

まだ、準備体操段階ですが、ドメインの取得は確実な前進です。

がんばりましょう。