企画書

本やセミナーで学んだことを活かせるシンプル・フレーム、作ってみました。

良くですね、本や教材を読んだり
セミナー聴いてほど!
と思っても、なかなか実行できない。
そんなこと、多くないですか?

蒼井です。

 

学んだことが、活かせない。

「それはまるで異国の国の事例だ。」
「あなたが才能のある人だからできたんだ。」

なんかいつもそんなエクスキューズ(口実)ばかり並べて、逃げて無い?
私はしょっちゅう、ありました。
今でもたまに、ある。
「宣伝会議」という広告屋の業界紙があって、
そこに載っている事例は大手のメジャーどころばかり。

私のような中堅零細代理店もどきでは、距離がある。

社内でセミナー講師をやるときも、
もっと明日から即役立つ話をして欲しいという
リクエスト?=わがまま要望を受ける始末。

学んだことが活かせない。
事例が応用できない。

 

学んだことが活かせない、その理由は?

それは、学んだことをそのまま応用しようとするからです。
事例やノウハウに高い再現性なんて求めては、N.G.です。

どうやって別環境で、自分なりに解釈してやってみるか?
そこでの工夫。

たいていの場合、まったく同じ環境で再現することは、まずありません。
本で学んだり、セミナーで知った知識は、
受け手によって、捕らえ方や解釈の度合いが、
それぞれの環境でまったく異なるわけです。

 

くらげ専門水族館の奇跡

先日、倒産寸前の加茂水族館のハナシを聴きました。
(@慶応丸の内シティキャンパス ローランドベルガー遠藤氏)

くらげ専門水族館に特化することで、V字回復。
倒産の危機から見事生還した事例。
くらげに特化してギネスブックにも載っている加茂水族館から学ぶことは
くらげを飼うことではありません。

・超特化すること
・現場の気づきを大切にすること

この2点です。

 

本質を引っ張り出す

くらげ水族館から学ぶのは、
くらげを飼うことではなくて

・超特化すること
・現場の気づきを大切にすること

この2点です。

くらげ専門水族館、加茂水族館を現象としたとき
応用できる本質を抽出すると、この2点になります。

これが抽象化というアプローチです。

くらげを飼うことを抽象化すると
くらげを買う必要はないし、
水族館でなくても、
何でも応用できる、使えるわけです。

 

抽象化の良くある誤解

良くある誤解は、
抽象化するというのは
“ぼかす”意味でとらまえてしまうこと。

これはロジカルシンキングの教科書や
情報教材でもたまに紹介されている例です。
たとえば、
犬と猫は違う動物だけど、
抽象化してペットというカテゴリーでくくれる
抽象化すると異なるものを同一にできる。

これが抽象化です、という説明。

でもね、
この説明は間違ってない。
間違ってないけど、この説明だと本質を見失いがちになる。
抽象化って“ぼわ~”とぼかす感じだという印象を与えかねない。

ぼかすのが本質に近づくのかというと
それは違う。

 

抽象化とは

抽象化とは
対象から抽出するという意味。

さっきの加茂水族館で抽出したのは

・超特化すること
・現場の気づきを大切にすること

この2点です。

これが抽出された=抽象化して取り出した本質なわけです。
読んで字の如し、
対象から、抽出するということです。
ぼかして、異質なものをくくることだけでは、ない。
くらげ水族館のハナシもこの2点であれば
自分のビジネスや、
お得意先のコンサルに応用できるわけです。

 

抽象化のフレームをつくってみました。

今日はですね、それを簡単におこなうフレームを作ってみました。
抽象化するフレームを作ってみました。

FullSizeRender(4)

『アナロジカル・フレーム』 2015(C)T.Aoi

超シンプル。
読者のみなさまに無料プレゼント。

真横に線を引っ張る(これが現象(具体)と抽象を分ける境界線)

□の現象を抽象化して◯(本質)を導く。
その◯(本質)を応用して異なる他の現象△に応用する。

ただこれだけです。

いつも頭の中にこのフレームをもって
本やセミナーを受けると、
得るものが格段に違います。

対話する感じ。
いつも「本質はなんなんだ?」と考える。
本質=◯を引っ張り出すために、
現象=本やセミナーや起こっている事例=□へ挑むという感じ。

現象から抽象化して引っ張り出した本質=◯はさまざまなものに応用できます。

□と△は単純にはつながらない。
(短絡的につなげようとするから、
 前述のように、応用できない、異国のハナシになってしまうのです)

でも抽象化して抽出した本質である◯を通じることで
△にも応用できる。

ある現象=□と他の現象=△が、本質=◯を経ることで繋がる。

 

新幹線のテロ対策を考えてみる

もう一つ事例。
たとえば、2020年
東京オリンピックに向けて
新幹線のテロ対策のために
手荷物検査を導入する。

というのは具体的な現象への対応。
もちろんそれもとても大切なこと。

本質的というのはもう少し目線をあげて、
そもそもテロが起こらない環境を整えるということ。
そんな視点で解決策を考えて見る。

そうなると、
世の中の仕組みとか外交政策とか
いろいろなものが対象になってくる。

極端なハナシかもしれないけど
小田原での新幹線事件と
安保法案(外国のテロリストを刺激しないという点で)は
テロ対策という抽象化された視点でくくることもできるわけです。

 

アナロジー思考をいつもこのフレームで臨んでみよう。

このフレームを常に起こっている現象にあてはめて、
起こってることの本質を抽出してやろう!
他に応用できるエッセンスを抽出してやろう!

という視点でのぞむと、いくらでも応用の幅が効きます。
応用できるアイデアも山ほど、出てきます。
ビジネス展開や応用の幅が各段に広がります。
アイデアなんて既存知の組み合わせだから、
このフレームの◯で異なるものをつなげることを考えれば、
いくらでも湧くわけです。

そして横の応用の幅が広ければ広いほど、発想はセクシーになる。

この思考法、少し専門的なコトバでは
「アナロジー思考」って言います。

私のメルマガコミュニティでではさらに突っ込んで具体的に情報提供してます。
ご興味のある方だけ、どうぞ。

 

コンテンツビジネスのネタは日々転がってる。パラレルキャリアなら、毎日が宝の山なのだ。

社内研修で
企画書の書き方の講座を受けました。
この段階にもなって。

なにをこのベテランに今更させるのだ感はありましたが、
これは社内研修として。会社の命令。

なので、この私がただでそんな命令の本意に純に従うわけもなく、
これもビジネスのネタを仕込むチャンスと、
解釈してしたたかに臨むわけです。

 

これが
“社畜の皮を被った狼”の生き方。
パラレルキャリア実践の基本姿勢。

極めて、謙虚です。

誤解がないように。

謙虚な姿勢というのは
自信がなければただの正直者だから、
牙を隠してへりくだっている時にこそ、使えるコトバ。
だから私の場合はホントの謙虚な姿勢なわけです。

ただの正直者と同じにされても、別にどうでもいいけど。

 

ご登壇いただいたお方サマは、某大手シンクタンクのご出身だということで、
おきまりのプロファイルのご紹介。
年々かお勤めのあと、田舎の自治体で要職についておられた。
今はコンサルタントとして独立。
加えてどっかの人畜無害そうな若い衆が通うような学校で教鞭をとっておられる。

そんな諸先輩、極めて多いです。
私の周りには、多い。

まあ今確かに、地域創生で田舎の自治体のブランディングが、激しい。
うどん県、佐賀県、広島県などなどなど。

そんなところでシンクタンクご出身のお方さまはご意見番として月額そこの職員の倍以上の給料(謝金?期間限定職員だから?何れにしても原資は税金だ)をもらって、エラソーにカタカナコトバの連発、マーケティングやストプラ思考ナッシングの行政マンにアメージングなアドバイスなんぞをサプライされてるです。
(きっとルー大柴に見えるはずだ)

きっと、多分、パハップス、メイビー・・・・・

まあそんなお方さまの、企画書作成講座、ご拝聴させていただきました。

パラレルキャリア、ビジネス視点で臨んだ私の
結論から言うと、
正直、
このノウハウ、使えます。

もちろん、
広告屋やコンサル業は
本業で活かせばいいのです。
本業で活かせばいいのですが、
本業で活かすだけでは、もったいない。

自分のビジネスの、ネタに変換、エンコードして使えばいいのだ。

そのノウハウに、自分の視点や、気づきを加える。
さらに自分ならでは経験から得たノウハウ、
自分が他の講座やセミナー、本で学んだノウハウを、混ぜる。

組み合わせる。
アソートメント力
(以前このブログのどっかでも書いた、組み合わせることで生まれる新しい価値、チョコレートやクッキーなんかのアソートメントと同じ意味)

そのどっかの元シンクタンクの研究員のセミナーの内容に
自分が持っている様々なものを
うまく組み合わせて
オリジナルレポート、あるいは教材にしてしまう。

もちろん丸ごとそのまま絶対にNGです。

オリジナリティやオリジナルの解釈、
あるいは“超訳”を施すわけです。

あるいはデコンストラクションする。
この場合のデコンストラクションは広告屋のクリエイティブ開発に近くて、
物事を一度分解して、再構築する。そんなイメージでの意味。
ギョーカイでは「デコン、デコンしよう。」と言います。

そんな感じで、
自分なりのものを入れてアレンジしたり、
“超訳”したり、
デコンしたりしながら、
オリジナルに改造してしまう。

そうすれば立派にあなたのコピーライトがつかられるわけです。

Copyright © 2015 アナタノオナマエ All Rights Reserved.

そして例えば、
『大手コンサルタントも使っている コンペの勝率を◯倍にあげる企画書〜プレゼンのテクニック〜』というコンテンツにする。

いかすでしょ?

絶対に、売れるで。
マーケットは絞られるけど、私なら、欲しい。
必要であればコンサルティングサービスも、つける。
メールでの相談でも、企画書の添削でも。

それで一商品、一丁あがりじゃないですか。

ICレコーダーでこっそり録音もしているので、
再現しながらオリジナル教材を作ります。
早速、取り掛かります。

そんな感じで広く解釈すれば、
パラレルキャリアのマネタイズのネタなんて、
毎日会社でなんかやってるといろいろ転がってくるわけです。

◯伝会議のセミナーなんかも同じように料理してしまえばいい。

これが会社に勤めているサラリーマンのメリット。

でもね、ただ勤めているだけじゃ、ダメです。
狼の眼を光らせておかないと。

そうすればサラリーマン、組織にいることも、
宝の山になりわけです。

「さあ、ネタを探しに行こう!」
これが会社に出かける朝の合言葉。
そう思うだけで、毎朝会社に向かう足取りも変わるはず。

発想をゆる〜く、広げてみましょう!

パラレルキャリアだからこそ、
そんな感じで、会社を利用してやれば良い。
利用するよりも、搾取してやるくらいのスタンス、
でね。

向いていない営業から、人事異動を自ら発令させた、非常識な企画書、公開中。

昔の村上春樹によく出ていた”僕”の
50%の完成度の梅雨の日の週末を過ごすにふさわしい朝、
そんな形容詞的で形容しがたい朝を迎えました。

蒼井です。
週末の夜からコミュニティサイトのコンテンツを作っていました。

そして明け方、なんとかコンテンツが
少しばかりできましたのでコミュニティのみなさまにはメールでご案内している次第です。

長らくお待たせしてしまいました。
懺悔の気持ちも多々あり、今回は気合の入ったコンテンツを配布させていただいております。

アナリティクスの検索ワードやお問い合わせをいただくメールの中で
多かったテーマを、まずはコンテンツにしてみました。

たくさんある現象でも抽象化していくと幾つかに絞られてきます。
これは調査や会議の意見をまとめるテクニックで、
多くの人の意見や、山ほど出てくるさまざまな声でも、
共通なものを一階層上の抽象的な概念でくくっていくと、
究極的には全てを包括する事のできる一つの概念にまで
シンプルにする事ができます。

本質が見えてくるわけです。
抽象化することで、ズレのない本質に辿り着けるわけです。

アナロジー思考という手法で、私のお気に入りの教材はそのようなアプローチを取っています。
そんな類の正しい解釈も含めたコンテンツの置き場を作っているところです。

その中のメインコンテンツに、
私のブログを読んでいただいている方々のお声から
一つの仮説をもって、レポートを作成しました。

まず、その仮説について軽く触れますね。

このブログの読者もそうですが、
多くの方は会社やなんらかの組織で雇用されて働いている方が多い。
それは極めて統計的にも当たり前で当然のことです。

生きがいとして≒ライフワークに限りなく近いことを、
今の雇用されている会社で(あるいは組織で)仕事にできている方は幸せ。
でも多くの方は、飯を食う手段。
暮らしていくための手段な訳です。
「割り切っていこう〜!」的な感じ。

会社に雇用されて、組織のために働いて、その報酬としての給料をフィーとしていただく。

だから嫌いなコトバだけど、社畜というコトバも、ある。
意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン。

でもね、どうせね、
どうせ、ご飯を食べる手段として会社にいるのであれば、
社畜(やっぱりこのこのコトバ、語感も音もキライだ)って呼ばれるレイヤーからはせめから脱出しよう。
そのレイヤーから抜け出る企画書のシェア、
というのが、今回のアクセスやメールのお声に基づく仮説へのオファーです。

つまりまずは、会社の中で自分の身を自分の都合の良い場所におこう。
飯を食う、子供の学費を賄う、時々内緒で女とも飯を食いに行きたい。
そんなささやかな日々の暮らしのための糧、
を得る手段かもしれんが、
どうせならその手段である「会社の中での居心地」をもっと良くしてみませんか。

そんな視点でのアプローチ。

もし仮に、ノルマでガチガチ、フルコミッションで自分の体質にも向いていない営業を、その日々のささやかな暮らしの糧を得るために、
無理クリやっているんであれば、
本当に無理クリやっているのであれば、
せめてそのカンキョーを改善するお手伝いができる。

そんな提案。

そんなことであれば私自身がそれを体現してきた。
私自身が体現してきたそのノウハウをシェアさせていただきます。
そんな感じでレポートにしました。

村上龍がまだ武蔵美の学生の頃のはるか昔々、
芥川賞をとったときに
「僕たちが普段やっていたことを書いて賞をとっちゃうなんてずるいね。」
そんな限りなく透明に近いブルーなコメントを坂本龍一が言っていました。

それに近しいかも。

つまり私が実際に、嫌で嫌でたまらなかった営業から、
なんとかうまく逃げ出すことを実現した、会社あてに突きつけた企画書。
自ら人事異動を発令させた、そのきっかけになったホンモノの生の企画書をご披露するわけです。

それがコミュニティ第一弾の大型コンテンツ。

【初公開!人事異動の夢を叶えた“非常識なナマの企画書】
自ら人事異動を発令させ、希望の部署に就いたまさしく、非常識な企画書。
自分から居心地の良い部署に転籍を願い出る、紙爆弾。

当時の私が、だめよだめだめ程度じゃなくって
嫌で嫌でたまらなかった営業から
なんとか企画職に移動ができた。
そのきっかけとなった企画書をそのまま、
ご覧いただくことができます。
(もちろん守秘義務に係る部分は目隠しをしています。)
ページごとに補足的な解説を加えています。

営業なんかやりたくないし向いていないのに今、営業をやっている。
本当は企画やマーケティングをやりたかったけど、
毎月ノルマ達成に不安な毎日を送る営業職にいる。

そんな出口のないトンネルに出口を開ける武器としての企画書を描いて、
ネゴシエーションも含めて、会社にプレゼンテーションする。
そして、自らの手で、自分の望む部署に移籍する。

そんなのノウハウをシェアします。

正直、このあたりの企画力と図々しさを鍛えておけば、
将来的には今の会社だけに固執する必要は無くなります。

中途半端な資格試験に労力を割くよりも、
よっぽど武器になります。

だから今は、
今はご飯を食べる純な手段として今の会社で
まずは、まずはできるだけ快適なポジションを目指す。
精神的にも無理クリしなくて済む心地よい場を獲得する。
その間に会社のリソースを徹底的に利用しまくってやる。
人脈とか信用とか研修とか、使えるものはすべて利用しまくる。

それが会社に対してのスウィート・リベンジ。
甘い復習。
会社に対してはそんなスタンスが、丁度いい。

それから徐々にパラレルキャリア、
複線的なビジネスを走らせれば良いわけです。

コミュニティではそのほか、
体幹を鍛える書籍なんかも紹介しています。
これはどういう場合に使うかとか、その効力についても
徐々にコンテンツを加えて体系化していきます。

【非常識な企画書】を作る発想ツールなんかも合わせて紹介しています。

まだまだ説明が不十分で体系化されているとは言えませんが、
これらを使って、自分自身のキャリアをサイコーのものにしていっていただけたらと思います。

でもね、なんやかんや言っても、
企画力って≒“演出力”に近いところがある。

つまりはそんなところも含めて、このレポートを読んでいただけると
かなり得るモノがあると自負しています。

ブログの下の資料室&メルマガ登録フォームからご登録いただくと
ダウンロードできるあなただけのマイページができます。

そこからダウンロードできるので、どうぞご利用ください。
(勝手に配らないでね)