本業

ツイッターのアカウントの大量凍結にみる ネットビジネスモデルの本質理解の重要性

ツイッターのアカウントの大量凍結が話題になっているようです。

システムや構造のウラをかくようなビジネスモデルはネット、リアルを問わず長続きしません。

それは科学でもシステムでもない。

ビジネスの本質ではありません。

システムや仕組みののウラをかくようなギミック重視のビジネスモデルはシステムの環境が変わると簡単に崩れてしまうという危うさがあります。

ネットビジネスには往々にしてリアルビジネスでは考えられないようなギミック性の高い手法で勝負しようというネットビジネスモデル(この場合は情報商材と解釈します)が見受けられます。もちろん事業の命題に律し、商いの本質まできちんと捉えた素晴らしいネットビジネスモデル(情報商材)もあります。

 

こんばんは、蒼井です。

副業も当然事業でありビジネスと捉えるのであれば、事業の基本命題はゴーイングコンサーン、永続です。永続を目指す事業でなければそれはビジネスとは言えません。少なくとも私はそう思います。(そのためにはもちろん変化する環境やお客さまが必要とするニーズの変化には常に対応することが必要です。それは巨大なインフラシステムとの凍結とその改善策といういたちごっこではありません。)

 

ネットビジネスモデル(情報商材)には短絡的な現象対応ビジネスモデルが溢れかえっています。

だからこそネットビジネスモデル(情報商材)の見極めには、利益の生まれる理屈=本質まで捉える姿勢が必要です。

 

利益の生まれる理屈、本質までさかのぼって捉え、自分のコトバで語れるまで噛み砕いて理解できたネットビジネスモデル(情報商材)は、具体的なやり方、方法が少々違っても大きくぶれることはありません。むしろ自分なりの経験や解釈が味付けとして加わるので、そのビジネスモデルにオリジナリティー、独自性を出すことができます。その結果、後発組でもありながら先発組とは違う、差別化されたアプローチが可能になります。

 

わかりやすく別の角度からご説明しましょう。

 

例えば、以下の2つのケース

 

1.朝起きて空をみて、すぐに傘を渡された。

 

2.朝起きて空を見て、《空の様子から雨が降りそうだという解釈をして》傘を渡された。

 

この二つの違いがわかりますか?

 

1の場合は、空を見て、なんの理由もわからずに傘を渡された。《雨がふりそうだからという理解もなしに、傘を渡された》ので、傘を持つ理由がわかっていない。電車の中やカフェで忘れて帰るのが落ちでしょう。

本質的志向2

2の場合は、空を見て、《雨が降りそうだという解釈をしたうえで、傘を渡された》 傘をもつという目的をはっきりと理解しているので置き忘れたりすることはまずないでしょう。

また、雨が降るからという理由を理解しているので、雨さえしのげれば手段はなにも傘とは限りません。タクシーでの移動やレインコートを着るという傘以外の《応用方法》も思いつきます。

これは空という現象に対して雨が降りそうだという解釈・理解をした上での打ち手=傘であり、そしてその応用手段=レインコート、タクシーもある。という“現象の理解に対しての理解の上での手段”という流れです。

空→雨がふりそうだ→だから傘、あるいはレインコート、タクシーを使おう

本質的志向3

現象→理解・解釈→手段・解決策

 

空という現象に対してその意味合いの解釈なしに→傘という手段・解決策直結だと、カッパやタクシーといった応用は浮かびません。本質を理解していない=応用が効かないので、傘を忘れるとずぶぬれになるしかありません。

理解や解釈がない場合、応用が効きません。

かたや、空という現象に対して→雨がふりそうだ=雨をしのぐことが必要だという理解・解釈をしていれば→傘を使う、あるいはレインコートやタクシーを使うことができます。

(これはあくまでもイメージの例えとして捉えてください。雨がふればタクシーを拾うくらい誰でも思いつくのですが、空という現象をみて、雨が降るという意味合いの解釈をしなかった場合と、した場合の違いを例えているものです。)

 

ではこれをネットビジネスモデル(情報商材)のケースに当てはめて考えてみます。

 

空→傘というタイプだと、その手段が例えばスパムと解釈され《凍結される》と、終わりです。他に応用が効きません。

ネットビジネスモデル(情報商材)→そのモデルの利益の上がる仕組みに対して本質的な理解・解釈があれば、打ち手・手段はいろいろと選べる=応用が効くわけです。

 

そのネットビジネスモデル(情報商材)はなぜ利益を上げることができるのか。その利益が生まれる理屈(プロフィットゾーン)までしっかり理解し、腹に落として(自分のコトバで説明できるようにして)おけば、間違ったビジネスモデル(情報商材)の選択をすることはありません。

さらに利益の理屈を本質的に理解しておけば、その本質的な軸さえぶれなければ応用が効きます。自分の経験や独自の視点を加えることで、そのネットビジネスモデルはあなた独自の色や香り、他とは違う価値を帯びてきます。後発参入でも差別化が可能です。

本質的志向1

これが本質的なアプローチと短絡的な現象対応の違いです。

 

空→雨→傘というステップは本業(リアルビジネス)でも活用できます。

 

例えば、脳細胞まで筋肉でできてそうな営業部長が良く言う

「売り上げが下がっているから、訪問件数を増やせ!」

というのが短絡的な現象対応アプローチです。

 

売り上げが下がったという現象に対して、訪問件数を上げよという施策にすぐ繋げてしまう。リアルなビジネスの現場でも、大変よくある話です。

 

売り上げが下がったという現象の本質的な理由は何か。を考えることが必要です。

 

お客さまの好みの変化が起きている。

競合が同じレベルでとても安い商品やサービス、売り方をはじめた。

商品や売り方の問題ではなく、少子化の影響でそもそもお客さまの数が減ってきた。

 

など、単なる訪問件数が減っているという営業の努力以外にもたくさんの問題点があげられる可能性があります。

 

売り上げが下がったという現象に対して、本質的な理解と解釈までさかのぼるアプローチをすれば、解決策は、現象に対する短絡的な手段=訪問件数をあげることではなく、その商品は捨てて、新たな商品を開発する、という結論になるかもしれません。

 

これが本質的なアプローチと(良くありがちな短絡的な)現象対応の違いです。

 

ネットビジネスモデル(情報商材)の選択時のクリティカル(厳しく、批判的)な眼を担保する手段としてぜひ意識してください。

空→雨→傘というロジックは、副業だけでなくリアルな本業、社内での様々な場合で使えます。ぜひ副業で活用し、本業でもあなたの価値アップにご活用ください。

 

最後まで読んでいただいたあなたのセンスは、きっといかしています。

ありがとうございます。

相手(お客さま)との距離を一瞬で縮める方法  ~自己ブランディングの手法~

このブログでは私が現在実務で実際に活用している様々な道具、マーケティングの手法、情報収集や問題発見、問題解決の技法、コンセプトの考え方、ターゲットの絞り方などをお伝えして参りたいと思います。
ネットビジネスで役に立つのはもちろんですが、リアルなビジネスとしてサラリーマンとして会社に属している現在のあなたのビジネスでも役立ち、成果や信用の貯金につながるマーケティング・スキルをお伝えしていきたいと思います。

こんばんは
蒼井です。

このブログのテーマは、サラリーマンのための戦略的な副業手段のご提供です。ネットビジネスで役立ち、同時に現在の本業(いずれ本業と副業が逆転するかもしれませんが)にも役立つマーケティング・ツールです。
これらを実践することで、少しでも(現時点での)あなたの社内でのあなたの実績や評価、あなたを見る目が変わることがあれば、いいなと思っています。

今日ご紹介する道具は、コスト0で、今日から即、取り組める方法です。

マーケティングの基本はコミュニケーションです。
ネットビジネス、リアルビジネスに限らず、サービスや商品を購入していただくお客さまとのコミュニケーションがスタートしない限り、マーケティングにならない、商いはじまりません。
その商いをスムーズに始めるためのコミュニケーションを加速させるある方法をお伝えします。

とてもシンプルです。

 

“7歳以下の幼少期のことをお互いに共有する”

 

ただこれだけです。

初めて会う新規の商談のお客さま、なかなか距離を縮めることのできないお得意先の担当者、そしてネットビジネスでの見込みのお客さま、メールマガジンの読者などさまざまな、人との最初の出会い時のコミュニケーションの加速に効果を発揮するものです(社内の上司や部下はもちろん、合コンにも使えます)。

 

“7歳以下の幼少期のことをお互いに共有する”

 

人間の性格やキャラクターの幹になる部分は7歳までの幼少期の原体験で形成されるといわれます。幼少期の原体験は、心の底、記憶の一番奥の部屋にいつまでも残り、その後の人間性やキャラクター、考え方、生きる姿勢などに何らかの形で関わることになります。

自己分析の診断テストでも、今の自分ではなく20歳以下の自分を思い出して回答することを指示されるものがあります。それは20歳以下にその人の本質が宿っているからです。
それをさらに押し下げて、原体験、子供のころ、小学校に上がるまでの7歳以下のころの体験や思い出をお互いに出し合う。7歳以下の記憶は、自我がつくられる前、こころの心の奥の柔らかい部分に宿ります。

コミュニケーションをおこなう時、普段は記憶の一番奥の部屋にひそやかに隠れているこの原体験をおこしてあげるわけです。そしておこした原体験はやわらかく打ち解けやすい、(たとえば殻のない卵のようで)融合しやすいのでお互いに溶かし合ってひとつにしてしまう。そんなイメージです。

これは私の経験でも実感しています。
営業当時のパワハラ上司が子供のころ、阪急百貨店のレストランで食べた初めてのハンバーグのおいしさが忘れられずに、その後の大好物はハンバーグになったという話を聞いたときには、少し彼の見方がかわりました。
「鬼の子でなく人の子だった(笑)」

 

生意気で鼻持ちならないケバくてイケイケ(表現が古いかも)の派遣社員の女性。子供のころに田んぼにさいたレンゲで頭飾りを編んだという話をききました。とてもそのルックスや醸し出す雰囲気とは別物です。しかしそれを聞いた時も彼女に対する感情が変わりました。恋に近い、なんといえばいいのか、“忘れられない存在”になる。なんかそんな感じになったことを憶えています。今でもとても記憶に残っています。

 

また、書籍やブログしか読んだことがないのですが、心の中では“兄貴”と私淑しているマーケティングの心の師匠がいます。多くのマーケティングの実務書を書かれています。実際にまだお会いしたこともないのに、なぜ“兄貴”と思うくらい親近感を抱くことができたのか。その理由もまさしく同じです。私はその師匠の“子供のころ、幼少期の体験”を知っているからです。
その“兄貴“は、ある書籍の中でご自信のプロフィールを語られました。幼少期の頃、見ていたテレビ番組や住んでいた環境。両親の離婚。豊中から引っ越し母と尼崎の文化住宅で生活を始めたこと。私は”兄貴“について知ってしまいました。

 

絶対に営業に向いていない私は、苦しい営業時代にこのことを知り早速使いました。

しかし、突然、7歳以下の頃のことを教えてください。といっても、「いきなり何だ??」というおかしなコミュニケーションになります。7歳以下のことを共有する話の引き金としていくつか用意していました。
(もちろん会話の途中でうまく刺し込みます。)

 

社長のお好きな食べものは?→その食べ物は子供のころから好きでしたか?(私は刺身なんです。親父が大工だったので建前の打ち上げにもらう御膳をほとんど持って帰ってきてくれました。その中の刺身が大好きでした。)

スポーツ観戦はされますか?→子どものころからなされていたのですか?スポーツ少年団などに入っていましたか?(私はソフトボールをしていました。野球など見たことなかったので、半ズボンで初めての練習に行ったらみんな長ズボンで笑われました。)

クルマはお好きですか?→子どもの頃の移動手段は?(私の場合は母親のスーパーカブの後を兄妹で自転車コンボイでした)

 

何気なく会話の流れの中に自然に差し込んで、子どもの頃の話に収斂させていきます。
必ず自分の子どものころのこともお伝えします。

心の奥の部屋に眠っている柔らかい原体験をおこしてあげて、お互いに溶かし合あってひとつにしてしまう。
そんなイメージです。

 

他愛もない、世間話みたいなことなのですが、これはマーケティング・コミュニケーションの始まりとして非常に効果があります。
合コンでも使えます。お互いに気になる相手として、心の奥に自分の錨を沈める、アンカーを埋め込むことができます。(学生時代新聞奨学生だったので全く合コンに参加できなかった私は社会人になってこれを知ってからよく使いました。恥ずかしながら今の家内はそんな合コンで知り合いました。

 

マーケティングにはこのように心理学をベースとした技法がたくさんあります。
このブログでは、このような副業のためのネットビジネスだけではなく、リアルな本業にも役立つマーケティングの道具箱をわかりやすくご披露していきます。

 

“7歳以下の幼少期のことをお互いに共有する”

 

お金もかけずにお互いのバリアを溶かし、コミュニケーションのスピード方法です。効果は絶大なので、くれぐれも乱用はお控えください。

最後まで読んでいただいたあなたのセンスは、きっといかしています。
ありがとうございます。