SEO

パラレルキャリア・マーケティング

 

なんか、すっごくアホくさくなってきたからこそ、
”蒼井のマーケティング”をみなさんへ提供します。

パラレルキャリア・マーケティング

 

アホくささの理由は・・・・・
お話しは昔にさかのぼります。

 

内気だったからこそ、進化したスキルがあった

会社に入ったばかりの 頃。
不本意な配属先だった営業。
絶対に向いていない営業でした。

生い立ちや性格、子供の頃からの遊び方のスタイル、
小学校のころ、絶対あだ名で馴れ馴れしく呼ぶことのできなかった友だちが、
数人いました。
それくらい人付き合いが苦手。
コミュニケーション下手。

そんな素地があるので、どう考えても、
営業には向いていない。

ノルマや数字、達成する自信があるほど、
単細胞ではないし(笑)。

営業が嫌だったから、
なんとか自分の居場所を確保するために、
マーケティングや企画の勉強を、アホほどやりました。

とにかく、
組織の中で自分を差別化することに必死でした。
なので、
マーケティングやプランニングについてのスキルを鍛えまくりました。

多分、
当時(きっと今でも)社内の誰よりも多くの本を読んでました(読んでます)。
「宣伝会議」(という業界のクリエイター養成学校みたいなところ)にも半年間通ったり、
自腹でのセミナーにも借金して参加していました。

とにかく、営業が嫌だった。

営業から逃れるために
必死で、マーケティングを勉強しました。

 

 

あなたの進化を疎む(うとむ)存在 それはあなたの周りにも、居る。

そして、
ある程度、自分なりのノウハウや考え方、理論的なスタンス、
独自の作法というものができてくると、
今度はそれを良しとしない、同じ会社の上司が邪魔をし始めます。

自分より優れた部下がでてくるのは、うざい。
「マーケティングや企画は、私が一番詳しいのだ。」
と勘違いする上司・・・。

そんな上司は、日本中、どんな立派な組織でも、
程度の差こそあれ、います。

そんな上司が、私を論破してやろうと、ガンガン、上から蓋をしようとしてくる。

「自分より、マーケティングに詳しい人間がこの会社に居ることは許さない。」
そんなスタンス。

提案すること、
しゃべること、
意見具申・・・

すべて、自分の考えで”上書き”してくる。

「おっさん、俺より経験あるのに、俺をライバル視してんのか?
 バッカじぇね~。」

そんな大人気ない上司の下で働くのは、辛いでっせまじでしかし。

20代空30代半ばまでは、
そんな感じで、社内でナンバー1のマーケターを目指して
まっしぐらに闘ってきました。

 

 

広告代理店のマーケティング専門の部署への異動

 

その努力のおかげだと思います。
自分の希望部署への移動、営業から、マーケティング部門への移動となりました。

その時に、自ら人事異動を発令させた「非常識な企画書」は、
メルマガ会員さま専用サイトで公開してますので、
よかったらごご覧ください。

(このメルマガの読者の皆さんも、営業からの移動を希望している方がいらっしゃれば、
 お役に立てるかもしれません。そんな方のために公開させていただきました。)

 

最前線バリバリのマーケター

希望の部署に移ってからは、
お得意先のために、マーケティングの提案や企画をガンガン、出していきました。

もっと良い提案をするために、
プレゼンで競合の広告会社に勝つために、
さらにマーケティングの勉強を続けてきました。

さらにマーケティングの勉強を続けてきたのですが・・・・・・・

ふと、

思ったのです。

「あほくさ」

 

 

誰のためのマーケティングやねん?

あほくさ

そう、あほくさくなってきた。

社内でマーケティングのトップを目指してきた。
50過ぎても会社にぶら下がることに必死な、
あほ上司を論破倍返しするために、
マーケティングを勉強してきたこと。

クライアントの企画のために、
競合の広告会社に勝つために、
マーケティングを勉強してきたこと。

それが、
「あほくさくなってきた。」

クライアントのため?
あほくさ。
広告屋やコンサルは、所詮第三者。
本当の商いのリアリティ(厳しさ)と喜びまでは、
決して握りあえは、しない。

競合の広告屋に勝つ?
もっと、あほくさ。
俺の価値を求めてるのは、マーケットやで。
競合に勝つのは目的なんかじゃないじゃん。

常に自分が主役のボケ上司に勝つため?
もう救いようがないくらい、ドツボ的あほくささ。
そんな社内にしか生き場所がないおっさんに勝つために、
俺、マーケティング勉強してきたん、ちゃうやろ。

 

 

マーケティングを我のために使うぜよ

もっと、自分のために、使おうぜ。
もっと、自分のために、
今まで投資して学んだマーケティング、
実務で学んだマーケティングを使うべきじゃん!

今まで、そんなあほばかりに気を取られてて、
本当に大切なことに、
自分に使うということに、気付いていませんでした。

なので、
これからは、
今までの自分のマーケティングのノウハウを、
「自分ビジネス」、「自分メディア」、「自分ブランディング」のために、使います。

「自分ビジネス」を、すべての起点にしていこう。
「自分ブランド」を大きく育てるために、
そのマーケティングノウハウを徹底的に、使っていこう。

50過ぎてもぶら下がる、
まして60過ぎでも他人が作った会社のおこぼれもらうしか、
視点を持っていないあほ上司や世渡り上手なだけの同僚・・・・・。

そんな奴ら、きっと絶対、そんな発想は
持ってやしないぜ。

 

 

仲間にシェアしていこう

自分の商いなら、成果の責任はダイレクト。

リアリティ、緊張感や達成感がまったく、違う。

う〜んこれは、かなりセクシーでワクワクしてきますね。

「自分ビジネス」

それは会社を辞めなくてもできる環境は今、整っています。
ブログやメルマガで「自分メディア」を作って、
オリジナルコンテンツを発信して、
必要なものを、必要な人に提供する。
そんなグレートな「自分ビジネス」。

 

 

「自分のため」の「自分ビジネス」作りをシェアリング

なのでこれからのメルマガや蒼井のブログコンテンツは、

そんな「自分のため」の「自分ビジネス」作りに特化していきます。

蒼井ブログの読者は、既に私の仲間です。
私のそんな経験やマーケティング・ノウハウをシェアしてまいりますので、
ぜひぜひ、あなたご自身の「自分ビジネス」のヒントにお役立てください。

誰も幸せになんかなれない、
商材レビューとくそみたいなボリュームだけの特典をまぶしてお得感でアジテーションするだけの金太郎飴敵既存あほアフィリエイターとの違い。

(おいらあんたから買ったけど、あんたにはとても追いつけん。学んだのは絶望感だけやん。一体どない進めたら、ええねん???)

こんな気持ちになる人を、もう出さんように、するのだ。

そんな輩と比べて、
リアルな”マーケター”としての蒼井の違いをこれからお見せしますね。

お楽しみに!

蒼井の言う「自分ビジネス」ってなんやねん?

それは前回のブログにかなりのヒントをブッ込んでます。

蒼井でした。

P.S,
今、宣伝会議という雑誌の3月号、読んでます。
「Webコンテンツの文章術」が特集されてて、
個人的には☆☆☆3つ。

コンテンツのネタだしのやり方とか、
『しらべぇ』編集長タカハシマコト氏が語っています。

情報商材なんかではなくって、
たまにはこういう全うな情報から、
学ぶことも、ライティングの幅、奥行きを広げるために必要ですね。

 

P.S.2

h1,h2,とか、SEOを意識したらめんどくさいね。

コンテンツ発信のスピートや、コンテンツの勢い、伝えたい情熱みたいなもんが、そがれるね。
ライブ感、生感が、消える。
リアルな揺らぎにこと、伝えたい情熱が乗っけられる気がするのに。
SEO意識すると、そんなところとの情熱とのせめぎあいになる。
だからあまり意識しなくてもよい。と最近思うようになりました。

 

 

ネットビジネスの基本的なテクニカルスキルの学び方

ネットビジネスのテクニカルスキルの学び方

きっと、ネットビジネスの基本的なスキルは
ここで十分担保できます。

バズ部

個人レベルで、この領域をどんなに詳しく書いても、きっとかなわない。

だから、すべての基本はここで学ぶという、
ネットビジネスのテクニカルスキルのポータルにしても良い。
と個人的には思います。

あとは、その実践の過程で、
自分なりのアレンジや実践効果、
自分なりの解釈などを加えていけば、オリジナルコンテンツ化することはできる。

それをコンテンツとして、自分メディアで発信していく。

いろいろ目移りしないで、
一つの参考書を徹底的に使いこなすこと。
あまり勉強はしませんでしたが、
学生の頃に先生によく言われました。

新しい参考書や問題集にばかり目移りして、
完全に仕上げた、問題集はなく、ほとんど空白・新品の状態。

ネットビジネスでもそんなところがあります。
いろんな参考書や書籍、教材に目移りばかりして、
結局完全にマスターしている教材が、ない

実績を上げている人は、何か徹底的にマスターしている教材があるはずです。

高校生の頃の学習スタイルと、同じ。

ネットビジネスのテクニカルな基本スキルは、
このバズ部でほぼかたづくでしょう。

 

バズ部のコンテンツ内容

コンテンツマーケティング
wordpress
SEO
ランディングページ
ソーシャルメディア
EC
メルマガ

ほぼ、網羅。

バズ部にお任せしましょう。

 

    Bingウェブマスターツールへの登録

    引き続き、メインブログに対してSEO対策を講じてまいりましょう。

    今回はBingウェブマスターツールです。
    Googleと並んで2大ウェブマスターツールです。
    Bingで検索し、たどり着く読者もいますので、
    ぜひBingウェビマスターツールにも登録しておきましょう。

    まずはBingウェブマスターツールサイトへアクセスしましょう。

    Bingウェブマスターツール

    アクセスすると下のような画面になります。
    赤枠の《Microsoftアカウントでサインアップする》をクリックしてください。
    ↓↓↓

    Bing - Web マスター ツール

    クリックすると
    下記の画面に変わります。
    必要事項を入力してください。
    最後に認証コードを入れてください。
    ↓↓↓
    新規登録

    すると以下の画面になります。
    赤枠の《ログイン》をクリックしてください。
    ↓↓↓

    roguinn

    下記のような[自分のサイト]登録画面になります。
    赤枠内のサイトの追加欄に自分のブログのURLを入力して、《追加》を押してください。
    ↓↓↓
    自分のサイト - Bing Web マスター ツール

    以下の画面に変わります。
    必要事項を入力してください。
    ↓↓↓

    サイトの追加i1

    ここでサイトマップURLをワードプレスから持ってきます。
    まず【サイトマップの追加】ですが
    あなたのサイトマップはワードプレス内の以下の場所にあります。

    まずワードプレスのダッシュボードを開いてください。
    左側のメニューの①《設定》をクリックし、出てきたメニューの②《XML Sitemap》をクリックしてください。
    赤枠内のリンクが最サイトマップです。  /sitemap.xmlで終わっているURLをコピーしてください。

    ↓↓↓

    XML-Sitemap

    再びBingウェビマスターツールに戻ります。
    《サイトマップ》に先ほどワードプレスから持ってきたサイトマップのURLを貼り付け、
    必要事項を入力してください。

    個人の場合は会社名に屋号など、組織の規模は個人などと記入すれば良いです。必要事項が記入できれば

    《保存》をクリックします。
    ↓↓↓

    サイトの追加

    所有権の確認画面となります。
    3つのやり方がありますが、
    オプション2で進めます。
    ここで赤枠内の【認証コードを含むタグ】をコピーしてください。
    ワードプレス<head>内に追加するためです。
    ↓↓↓

    次の所有権を確認

    コピーしたままワードプレスのダッシュボードに戻ります。
    ①《外観》をクリックし②《テーマ編集》をクリックします。
    ③右側のヘッダーをクリックし<head>部分を表示押させます
    <head>の下に先ほどのタグを貼り付けて更新して下さい。
    テンプレートによって異なりますが基本的には<head>と<head>の間ならどこでも構いません。
    最後に一番下の青い《ファイルを更新》をクリックしてください。
    ↓↓↓

    メタネームの貼付け

    更新が出来ればBingの画面に戻り、
    赤枠部分の《確認》をクリックして下さい。
    ↓↓↓

    確認

    以下の画面になります。
    このダッシュボードが出れば設定は完了です。
    ↓↓↓

    ダッシュボード

    ブログ読者はBing検索経由で来られる方もいらっしゃいます。
    Bing検索での読者も大切にするためにも
    Googl ウェブマスターツールと並行して使いながらチューニングをしていきましょう。

    グーグルウェブマスターツールの設定と基本的な使い方

    ワードプレスも設定できたので、
    SEO対策の基本施策を行います。

    こんばんは。蒼井です。

    まずは、SEOの基本である、
    グーグルウェブマスターツールを設定しましょう。
    あなたのブログが検索エンジンに読み込まれるためにも
    この辺りの施策から丁寧に行っていくことが大切になります。

    ウェブマスター ツール - サイトのダッシュボード - http---direct-relationship-marketing.net-

    まずは以下のサイトにアクセスしてください。

    グーグルウェブマスターツール
    アクセスすると以下の画像になります。
    まず赤枠URL空欄に登録したいブログやサイトのURLを入れて、
    表示されている文字を入れてください。
    スパム防止のために読みにくい文字になっています。
    少々読み取りにくい場合がありますが、落ち着いて丁寧に読むとわかる文字です。
    入力したら《リクエストを送信》をクリックしてください。
    ↓↓↓

    ウェブマスター ツール - URL のクロール

    《リクエストを送信》すると以下の画面に変わります。
    【リクエストが受信されました。まもなく処理されます。】
    という表記が出ます。
    そのままの状態で、
    左のウェブマスターツールの文字の部分をクリックしてください。
    ↓↓↓

    リクエストが送信されました

    クリックすると以下の画面になります。
    ここで《サイトを追加》をクリックします。
    ↓↓↓

    サイトを追加

    サイトの追加をクリックしたら以下のダイアログが出てきます。
    この枠の中に登録したいURLを入力します。
    ↓↓↓

    URL入力

    入力が終わると以下の画面になります。
    ①  【別の方法】という名前のタグをクリックしてください。
    ②  次にHTMLタグの◯(ラジオボタン)にチェックを入れます。
    ③  すると赤枠③のところにHTMLタグが発行されます。このHTMLタグをコピーするかメモ帳などに貼り付けてください。これをワードプレスに設定します。
    ↓↓↓

    別の方法HTML

    次にワードプレスにログインし、
    サイドバーの①《外観》をクリックし、
    続いて外観のカテゴリーの一番下の②〈テーマの編集〉の順にクリックしてください。
    続いて③【ヘッダー】をクリックしてください。
    ↓↓↓

    外観テーマ編集ヘッダー

    次に先ほどグーグルウェブマスターツールでコピーしたHTMLタグを〈head〉
    の下(赤線以下)に貼り付けてください。
    ↓↓↓

    〈head〉に貼り付け位置

    ワードプレスに貼り付けが終わったら
    再びグーグルウェブマスターツールに戻ります。
    《確認》をクリックしてください
    ↓↓↓

    確認をクリック

    確認をクリックしたら
    所有権の確認のメッセージが出ます。
    《続行》をクリックしてください。
    所有権の確認が無事終わり
    グーグルウェブマスターツールのホーム画面に戻ると、
    新しく登録したサイトが表示されています。
    ↓↓↓

    登録完了

     

    以上でグーグルウェブマスターツールへの登録が完了です。

     

    続いて
    ウェブマスターツールの使い方についてご説明します。

    まず確認したいサイトのドメイン部分をクリックします。
    ↓↓↓
    登録完了

    すると以下のように様々な項目が出てきます。

    これがウェブマスターツールのコントロールパネルです。
    ↓↓↓
    ダッシュボード1

    たくさんありますが
    最初は項目を絞ってチェックをしていきましょう。

    ◯ グーグルインデックス
    ◯ 手動による対策
    ◯ URLの削除
    ◯ HTMLの改善
    ◯ Fetch as Google

    まずはこのあたりをチェックできるようにしてみましょう。

    【グーグルインデックス】は自分の書いたブログ記事がグーグルインデックスに登録されているかを確認します。

    【手動による対策】は、スパムリンクなどによるペナルティを受けていないか?の確認を行います。

    【URLの削除】はアクセスの全然ない記事を削除する時に使います。(最初のうちはあまり必要ないでしょう)

    【HTMLの改善】は重複するメタデータ(descriptions)の確認を行います。
    メタデータ(descriptions)が多いとグーグルにコピページの量産と認識されて圏外に飛ばされることがありますので気をつけましょう。
    (重複するディスクリプション対策はプラグインやHTMLタグで対応できますので、別途改めてご紹介します。)

    【Fetch as Google】はグーグルに自分のブログを読み取ってもらうためのリクエストを発信するものです。

    私が使っているのは主に上記の5つぐらいです。

    ウェブマスターツールで自分のブログの課題や問題点を見つけて
    早めに手を打つ習慣をつけましょう。
    最初はわからないことばかりですが、分かる範囲の部分を使っていけば
    おのずと他の機能の使い方も色々と情報として入ってきます。

    まずは分かる範囲でやってみましょう。

    泳ぎを覚えるのに、まずプールに入るのと同じです。
    とにかくやってみると、そこそこ前に進み出します。
    その感覚を覚えていただくとこれから加速していきます。