wordpress

ネットビジネスの基本的なテクニカルスキルの学び方

ネットビジネスのテクニカルスキルの学び方

きっと、ネットビジネスの基本的なスキルは
ここで十分担保できます。

バズ部

個人レベルで、この領域をどんなに詳しく書いても、きっとかなわない。

だから、すべての基本はここで学ぶという、
ネットビジネスのテクニカルスキルのポータルにしても良い。
と個人的には思います。

あとは、その実践の過程で、
自分なりのアレンジや実践効果、
自分なりの解釈などを加えていけば、オリジナルコンテンツ化することはできる。

それをコンテンツとして、自分メディアで発信していく。

いろいろ目移りしないで、
一つの参考書を徹底的に使いこなすこと。
あまり勉強はしませんでしたが、
学生の頃に先生によく言われました。

新しい参考書や問題集にばかり目移りして、
完全に仕上げた、問題集はなく、ほとんど空白・新品の状態。

ネットビジネスでもそんなところがあります。
いろんな参考書や書籍、教材に目移りばかりして、
結局完全にマスターしている教材が、ない

実績を上げている人は、何か徹底的にマスターしている教材があるはずです。

高校生の頃の学習スタイルと、同じ。

ネットビジネスのテクニカルな基本スキルは、
このバズ部でほぼかたづくでしょう。

 

バズ部のコンテンツ内容

コンテンツマーケティング
wordpress
SEO
ランディングページ
ソーシャルメディア
EC
メルマガ

ほぼ、網羅。

バズ部にお任せしましょう。

 

    WordPressの設定のコツ カテゴリーでブログ記事の構造をわかりやすく(マインドマップ活用) 

    WordPressの設定について気付いたことメモ。

    初心者の方に向けた設定の仕方についてはバージョンが4.0になったこともあり、追々本サイトでご紹介させていただきます。

    今回は私が設定するときに気付いたことをご紹介します。

     

    カテゴリーの設定を丁寧に行なうととてもわかりやすいということ

    親カテゴリーの下に子カテゴリーをぶら下げる=ブログコンテンツの構造や内容をわかりやすく示す

    =アウトラインをつくるということ

    例えば、このブログであれば

    戦略的副業モデルという(親)カテゴリーの下にぶら下がる要素は

    ースケジュール管理の重要性(子)

    ー実践モデル(子)

    ー新DRMとは

    となります。

    具体的なコンテンツ(ブログの投稿)はこの(子)に分けられていきます。

    これはパワーポイントやワードにある”アウトライン”という機能にイメージは近いです。

    カテゴリー

    WordPress 投稿→カテゴリーの画面

     

    ↓↓↓WordPress設定前に下書きで作成したマインドマップソフトで構造化したカテゴリー

    ブログコンテンツマインドマップ (Unicode エンコードの競合 (1))

    カテゴリーを(親)と(子)に分けることで

    ブログの投稿コンテンツを構造化することができます。

    ブログを見る方にもわかりやすくお伝えすることができます。

     

    コツはとにかく書きたいと思う項目(カテゴリー)をどんどん出し切ってから、

    あとから似たような項目をグループに分けます。

    そのグループに新たな名前を付ける=これが親カテゴリーになります。

    マインドマップを活用したブログのアイデア出しやブログ内容の整理方法については本ブログでわかりやすくご紹介いたします。

    無料ソフトや手書きの速射法もありますので丁寧にご紹介させていただきます。

    どうぞお楽しみに。